2014年08月30日

老人医療費の自己負担率を引き上げる事で、老人も健康になり、財政も助かる

抗不安薬や抗うつ薬が腰痛に効くと言う根拠は、全く無いのに、抗不安薬や抗うつ薬を処方されて、薬漬けにされたら、薬の副作用で病気になる。
検査しても異常が無いから、「もう病院来なくていいよ」と医師が言っても、納得しない患者がいる。仕方ないから、「気のせいだろう」「病は気から」「精神的なストレスが原因だろう」とか言いながら、抗不安薬や抗うつ薬を処方する医師がいて、患者も薬を飲めば、腰痛が治ると信じ込む。

腰痛は、バスやトラックの運転手に多い。あるバスの運転手は、毎日一定の距離を長靴を履いて歩いていると言う。長靴は重いから、足腰が鍛えられていいのだと言う。薬物依存では病気は治るどころか、かえってひどくなる。

http://news.livedoor.com/article/detail/9106177/
90歳で肺がんの人が出てくるが、肺がんは手術をしても治る確率は低いと思う。手術で痛い思いをするよりも、手術をせずに大往生をするのが幸福な死にかただと思う。肺がんの手術をしたが、肺に水がたまったため、肺に穴をあけて水を出し、痛い思いをしながら、結局は、手術から半年後に死んだ人もいる。
http://logmi.jp/19478
老人医療費の自己負担率を引き上げる事で、老人も健康になり、財政も助かると言える。
posted by 望 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。