2014年08月30日

女の労働参加率と出生率の間に、相関関係は無い 女が働くのは当然

http://blogos.com/article/89571/
女の労働参加率と出生率の間に、相関関係は無い。女の労働参加率が高くなれば、出生率が高くなるという主張も、女の労働参加率が高くなったから、出生率が下がったと言う主張のいずれも間違い。根拠が無い。高齢化が進んでいるから、女が働くのは当然だ。それが男女平等だ。
posted by 望 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。