2014年11月14日

女しか入れない国公立の女子大学の存在は憲法違反である

女しか入れない国公立の女子大学の存在は憲法違反である。男性は機会の平等を求めて訴えているのだ。結果の平等ではなく。
公立福岡女子大(福岡市)に入学願書を受理されなかった福岡市の20代男性が、大学の対応は不当な性差別に当たり違憲だとして、不受理処分の取り消しや慰謝料などを求め、福岡地裁に12月にも提訴することが14日、分かった。

 男性の代理人弁護士は「かつて女子大には、教育機会を得にくかった女性を優遇するという側面があったが、その意味は失われている。国公立の女子大の存在が憲法上許される根拠はない」としている。同種の提訴は初めてという。


http://news.livedoor.com/article/detail/9469982/
posted by 望 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現政権安倍内閣は決しての日本の国の安全・安心と自由な社会を守る為になる政治家では無い

河野談合を撤回しようとしない現政権安倍内閣は
決しての日本の国の安全・安心と自由な社会を守る為になる政治家では無い
2015年7月8日を以て廃止になる在日朝鮮人の外国人登録証で大量に発生する
不法滞在の朝鮮人を匿う政策のカジノを解禁する法案を推進している
Posted by 愛信 at 2014年12月30日 11:29
Posted by 遂犯無罪 at 2014年12月30日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408932537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。