2014年11月14日

女しか入れない国公立の女子大学の存在は憲法違反である

女しか入れない国公立の女子大学の存在は憲法違反である。男性は機会の平等を求めて訴えているのだ。結果の平等ではなく。
公立福岡女子大(福岡市)に入学願書を受理されなかった福岡市の20代男性が、大学の対応は不当な性差別に当たり違憲だとして、不受理処分の取り消しや慰謝料などを求め、福岡地裁に12月にも提訴することが14日、分かった。

 男性の代理人弁護士は「かつて女子大には、教育機会を得にくかった女性を優遇するという側面があったが、その意味は失われている。国公立の女子大の存在が憲法上許される根拠はない」としている。同種の提訴は初めてという。


http://news.livedoor.com/article/detail/9469982/
posted by 望 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

マウスが雄同士で子孫を残した?

マウスを使った実験では、雌だけで単為生殖が行われることが確認されたが、雄だけで子孫を残すことはないのか?マウスを使った実験ではXY性染色体をもつ個体(遺伝子型は雄)同士が子孫を残すことが確かめられている。

[生物は個体数を増やそうとするときに、大きく分けて二通りの方法を取る。ひとつは無性生殖といって自己のコピー(クローン)を増やす方法である。もう一方は、有性生殖といって自己と非自己の遺伝子を交ぜ合わせコピーではない子孫を残す方法である。‘性’は有性生殖においてのみ存在し、遺伝子を交ぜ合わせることのできる自己と非自己の関係が異性ということになる。こうした概念のもとでは、同種異型の型の数だけ性が存在することになり、例えば、ゾウリムシの中には8種類の性を持つものがいる。一方、ヒトをはじめとするほ乳類の‘性’は、いわゆる雄か雌かの2種類で、通常、遺伝的に決められている。しかし、遺伝的な性と表現型の性が必ずしも一致しないことがある。

私たちが研究で用いた性転換雌(遺伝的には雄で表現型は雌の)マウスもこうした例外の一つである。研究の発端は、性転換雌マウスが持つ生殖細胞はどんなものだろうか? という疑問から始まった。ここでは、ほ乳類の性分化と生殖様式について概説し、性転換雌マウスに関する私たちの研究成果を紹介したい。


続きを読む
posted by 望 at 00:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

日本レコード大賞 最優秀新人賞はジェロ

歌詞の中に偶然、出雲崎という地名があったため、当地ではそれなりに(青色ダイオードで)盛り上がっている。あと手書きのポスターが1枚貼ってあった。作詞した人は出雲崎に行ったことがないから、適当な地名を入れたのであろうと言われている。まさか、何もない所とは想像していなかったのであろうとも。青色ダイオード以外に何もないところでもある。

青色ダイオードとか何のことか分からないという人は、とりあえず出雲崎にいってみればわかるが、撤去される可能性もある。電気代をだれが負担しているかも気になるところでもある。紅白が終わった後は、早々に撤去されるのではないかと思われる。

演歌歌手は、地方巡業も地道にやらないといけないから、大変だろうなと思う。

http://jp.youtube.com/watch?v=YEmeVeQe56U

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081230-00000020-oric-ent
posted by 望 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

ごくせん恐喝で逮捕

山口組関連のニュースの中から。やはり、「日教組先生」だったのだろうか。それとも全教組だったのか。

「小学校の女性講師が、交際相手の元暴力団員とともに、元交際相手を恐喝するなどし逮捕された。
恐喝と恐喝未遂の容疑で逮捕されたのは、茨城県の小学校講師・上野瑞穂容疑者(32)と、山口組系の元暴力団員・森田 実容疑者(45)の2人。
2007年9月ごろ、2人は上野容疑者の元交際相手の男性に、「痛い目に遭わせる」などと言って、現金5万円を脅し取った。
そして3月には、さらに現金200万円を要求したという。
上野容疑者が教えていたのは、算数と柔道だった。」

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00143179.html
posted by 望 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

見て見ぬふりをせざるを得ない日本の法律

日本人は見て見ぬ振りをする人が多いという人がいるが、日本の法律じたい見て見ぬ振りをせざるを得ないようになっている。モラルの問題ではなく、法律の問題なのである。日本で正当防衛が認められるケースは少ない。アメリカのように銃でぶち殺してしまってもよいというわけにはいかない。

自分が襲われた時だけではなく、襲われた人を助けるときでも同様なのだ。酔っ払いに絡まれた女性を助けようとしたところ、酔っ払いが線路に落ち電車にひかれたため逃亡した男性や数人の不良に絡まれてるサラリーマンを助けるため、空手の技で不良をKOしたが、傷害罪で逮捕された男性など、この種の例は、かなりある。

自殺しようとして線路に飛び込んだ人を助けるために、自分も線路に飛び込んだところ、電車にひかれて死亡というケースもかなりある。助けようとした人が、日本人の場合、報道されないが、韓国人だったため大きく報道されただけである。日本人の場合、報道されないから知らないだけなのである。

バスジャックの少年のケースでも、警察が少年に手を出せないのに、乗客が手を出せるわけがない。少年に怪我でもさせたら、傷害罪で逮捕される事は確実だ。

日本人女を助けようとすれば、痴漢をでっち上げられて逮捕される。

続きを読む
posted by 望 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

原発と環境問題 平気でウソをつく人達 カルトな人達 

環境問題や原発の問題について、文系左翼の人たちの場合、平気でウソをついているか、嘘だと知らずに、真に受けているか、一種の信仰として教義化しているか、のどれかに当てはまることが多い。教義化しているケースは、カルトだから、どうしょうもないのであろう。カルトには、現実逃避の側面もある。

学会や統一教会に洗脳されてしまった人と同様、「サタンだ」「魔の通力だ」と何かと。。。手の施しようがないものである。科学知識も曖昧なままでのインチキ情報の垂れ流しは、困る。

言い換えると、科学知識があっても、平気でウソをつき、感情に流されやすい連中を意図的に煽っているか、科学知識がないため、煽られて、感情に流されてしまっているか、カルト化しているかのどれかに当てはまる。いとも簡単にだまされてしまうのは、現実逃避しているからである。

カルト化といえば、フルフォードの世界だろう。フルフォードは、CIAに雇われたジャーナリストとも指摘されている。そのフルフォードが、原発に反対している裏には、何らかの意図が隠されていると見るべきだろう。

原発の問題について、科学的根拠の無いまま、感情的な意見に流されている人が多い。平気でうそを垂れ流す人も多く、それに騙されている人も多い。また、原発に反対だが、では、代わりのエネルギーをどうするかについて、全く何の意見も持っていない無責任な人も多い。非武装論同様、非現実的な空想論を無責任に振り回しているにすぎない。

ウランは海水中に存在し、海水から採取する技術も研究されている。海水中のウランは、ほとんど無限に存在するといってもよく、エネルギーを海外に依存する必要もないのである。エネルギー、食糧面での自立も可能になる。

世界で最新の原子炉を造ることのできる国は、日本だけである。日本が自立しては困るということだろう。

ダイオキシンの話をすると。。

続きを読む
posted by 望 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

日本の犯罪は増えていない

以前から当ブログで何度も指摘していることだが、日本の犯罪件数は、増えてはいない。むしろ減少している。繰り返しになるので、ここではリンクを貼るだけにしておく。

http://pandaman.iza.ne.jp/blog/entry/515564/

http://urayamaneko.seesaa.net/article/50992295.html

http://ms-t.jp/Domestic-statistics/Data/Transition-statistics.html

http://kangaeru.s59.xrea.com/ijou.htm

http://kangaeru.s59.xrea.com/senzen.htm

http://kangaeru.s59.xrea.com/13.htm

続きを読む
posted by 望 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

ロシアでは戦車を飲酒運転

ロシアでは、戦車を飲酒運転。自動車の交通事故同様、こういうことは、ごく普通に起こることなのであろう。

自衛官は、酒を飲んで、イージス艦を運転していたわけではない。交通事故と同じで、どんなに注意して運転しても事故はある。事故の後の処理、責任なども、交通事故と同じことである。

http://jp.youtube.com/watch?v=NaaP7bQglcU

http://jp.youtube.com/watch?v=dvTFtR0rdp4&feature=related

笑っているのが、印象的。
posted by 望 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

自己の器を知る

自己の器を知ると言う事は、案外、重要な事であると思う。器と言う物は、能力というよりも、性格的なのものであろう。リーダーの器でなければ、リーダーシップは取れないのである。

自分の器に適合した、ポジションがある。例えば、一匹狼的な性格を自覚している人は、最初から、徒党を組んだりしないものである。それが自己の能力を生かす最善の道だからである。

自己の器を知って、それにあった行動をとることである。
(占いや心理テストなどを楽しむのも良い)

http://www.goisu.net/horoscope.html
posted by 望 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

罵詈雑言を繰り返す最悪ネット右翼のブログ 復活した醜い日本人女のブログ

罵詈雑言を繰り返している最悪なネット右翼のブログについて、一見したところ、どこが、罵詈雑言に当たるか分からないと言うご指摘があったので、具体的な記事ページを貼っておく。

2005年くらいから、「醜い日本人女」と言うブログが、開設され、影響を与えていたのだが、fc2に削除されたようだ。(また再開されたようだが)

プロバイダによっては、強制削除の手段に出るところと放置というところがあるようだ。

fc2などは、更新もせずに放置しておくと、すぐ削除されるが、ヤフーは、ブログ利用者の数を増やす事しか考えていないらしく、ブログを削除することはないようだ。ヤフーのブログやサイトを1年以上、放置しておくと、ブログやサイトは、放置のまま、IDだけ削除と言う事がある。

「醜い日本人女」については、日本人女の容姿が、欧米女性と比べて、醜いことは、当然知っていたが、容姿だけではなく、性格まで醜い、ということが、指摘されて、始めて分かった。欧米女性は、自己主張が強い、などのプロパガンダも、日本のフェミニストによって、行われている事が分かった。その点、革命的なブログであった。

(大和撫子なんてのを日本人自身信じているようだし。戦前は、女も働いていたのだが)

また、欧米女性だけではなく、他のアジア人女性と比べても、日本人女は、醜いという事が分かった。日本のフェミニストにとっては、最も痛いところをついている。

戦後、60年間、夫から給料をもらい、その中から、夫に小遣いを渡すことを続け、働かないのが、当然のように思ってきた、日本人女の性格が、醜くなるのは、当然のことである。

欧米のフェミニストは、女性にも責任や義務を負担させるので、まだいいが、日本のフェミニストは、ダブルスタンダードだ。スウェーデンでは、専業主婦になれないそうだ。
(女性が専業主婦になりたいと言えば、ダメダメと言われる。社会が、専業主婦を認めていない。)

また、スウェーデンでは、離婚の際の、慰謝料などは、存在しない。男性にだけ、兵役を義務付けている、スウェーデンやノルウェーを男女平等の国というのもおかしいのだが、日本のフェミニストは、例によって、欧米の都合の良いところだけをつまみ食いしているようだ。

罵詈雑言を繰り返す、最悪ネット右翼のブログについては、この手の悪質なブログが、存在している事じたい、驚きである。相手の言った事に対して、つい、かっとなって、と言うのは、人間であれば、いたし方の無いものであろう。しかし、長期に渡って、罵詈雑言を繰り返しているブログの存在は、やはり問題である。

キリスト教のほかにも、空海(真言宗)、親鸞(浄土真宗)の悪口を繰り返しているが、日本人の殆どが、何らかの宗派に属しているので、不快に感じる人も多いと思われる。(最悪ネット右翼のブログ主は危険人物のため、リンク先削除。関わらないほうが賢明。関わると危険)

「醜い日本人女」のブログは、良かったと思う。
posted by 望 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

米を原料に作られたパンも製造販売されている

米を原料にして作ったパンも製造、販売されている。米が余っていて、食生活が、変化していると言うのなら、米を有効に活用することも出来る。

大豆は、同じ土地で、3年以上作る事が出来ないと言われている。稲作用の水田を大豆や小麦用の畑に変えることなど、すぐには出来ない。農水局の農政は、農業の現場を知らない机上の空論と思われる。

米で作ったパンは、もちのような香りがする。小麦で作ったパンと比べて、味の点で劣るわけではない。

http://curry.ti-da.net/e1694982.html

http://niigata.pjnet.jp/browse.php?cat=369
posted by 望 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴言を繰り返す最悪ネット右翼のブログ

以下のブログは、「バカ、アホ、クズ、知能が低い」等の暴言を繰り返している、最悪な性格のネット右翼である。(最悪ネット右翼のブログ主は、危険人物のため、リンク先削除。関わらないほうが、賢明。関わると危険)
posted by 望 at 06:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

荒らしをするのはネット右翼と思い込むネット左翼のカン違い

似たようなアダルトスパムは、よく見かける。右翼のブログにも、書き込んでいるのだから、ネット右翼ではない。それどころか、政治とは何の関係も無いブログでも、よく見かけるから、政治がらみともいえない。単なるアダルトサイトの宣伝だろう。

それに、荒らしをするのは、ネット右翼だけだと決め付けているようだが、ネット左翼も、荒らしは行っている。当ブログにも、何度か、アダルトスパムが来ている。

ネット左翼に多いのが、右翼=悪で、左翼=善(正義の味方)という認識である。だから、左翼は、荒らし行為をネット右翼の仕業だと思い込むわけだが、カン違いである。

「皮が云々」と言う文章は、全く同じ。この文章は、政治とは何の関係も無いブログでも見かける。

http://blogs.yahoo.co.jp/seidoukai_7771/MYBLOG/comment.html

http://komichin.blog80.fc2.com/blog-entry-137.html
posted by 望 at 03:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

きれいごとを言う人間に誠実な人はいないと言う経験則 橋下知事の泥臭さは庶民の共感を得た

自分に合わない食べ物は、受け付けなくなるように、自分に合わない本を体が、受け付けなくなる事がある。

「きれいごとを言う人で、誠実な人に会ったことがない」と加藤タイゾウ氏は言う。正しい経験則である。

宗教家や自己啓発の本によくあるような、きれいごとを並べ立てた本に対しては、読む前から、体が、拒絶反応を起こしてしまう。企業の広告のような、味の無い軽さを感じるか、息苦しさを感じるかだ。

「人間とは欲に手足の生えた存在である」とか「煩悩具足の凡夫」という言い方がある。橋下知事やホリエモンは、自己をさらけ出している。そこに開放感がある。肩の力をぬくことができる。

両親が有名な作家という世襲議員的存在で、テキストを朗読するだけの授業を週2回やるだけで、年収1000万以上を得ており、さらに年金までもらっている、既得権が服を着たような、老人が説く「品格」には、誰しも胡散臭さを感じるだろう。

「綺麗ごとを言う人間に、誠実な人間はいない」これは経験則である。誰しも経験から得た、経験則を持っているものであろう。そうした経験則に照らせば、天木直人程度の胡散臭さは、すぐかぎ分ける事ができるものなのだ。

経験から得られた、経験則と、書物から得られた知識とは、別である。これらは、両方必要なものであろう。庶民の知恵とは、この経験則の事に他ならない。経験と知識とは、補完し合うものであるが、経験と知識とが、完全に乖離しており、相互に何の関係も無く、並存することもある。

パラリンピックをどうやって見たら良いのか、と言ったアナウンサーがいる。野球やサッカーの試合を見る際に、どうやって見たら良いか、困る事はない。パラリンピックは、他のスポーツの試合のように、肩の力をぬいて、見る事ができない。パラリンピックは、感動の押し売りだと言われる事もある。パラリンピックのスポンサーになっているのが、トヨタなどの企業なら、「押し売り」という表現も、「はずれ」とはいえない。

弱者を担ぎ上げる、左翼の手法は、このパラリンピックに似ているのである。担ぎ上げられた、弱者は、本当の弱者でない事が多い。

庶民の視点から、物を見る、とは、経験則に照らして、物を見る、と言う事である。経験は、人それぞれであるから、経験則も、人それぞれである。きれいごとや建前ばかりを並べ立てる人間に、実の無さや、胡散臭さを嗅ぎ取ることは、多くの人が、共有できる経験則でもある。

美人アナウンサーを候補者にすれば、票を得られるほど、庶民は、甘くない。大学教授同様、軽さを感じさせるからだ。

弁護士の年収は、平均200万円と聞いた事がある。構造改革で、弁護士を増やしているからでもある。その意味で、橋下弁護士も、構造改革の犠牲者なのである。

続きを読む
posted by 望 at 18:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

自殺した患者の霊が出る病院 自決した落ち武者の霊 中学不登校で自殺した霊

中野駅近くにあった閉鎖された病院の話である。

自殺した患者の霊が出ると言う噂があった。

駅周辺の一等地であるのに、誰も買う者がいないため、放置されていた。

高校生数人で、夜中に侵入し、写真を撮ったと言う。

写真の現像をコンビニに依頼した。

数日後、写真を取りに、再びコンビニに行くと、警察から、写真を子供に見せてはいけない、と言われたという事で、写真を見る事は出来なかった。

写真を見た店員が、警察に、相談した、と言う事であった。

10年ほど前の話である。

続きを読む
posted by 望 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ブログ炎上について 心霊写真を公開する恐ろしいブログもある

ブログ炎上について。荻上チキは、

「もともと人が集まれば、もめごとは一定数存在するもの。母数(ユーザー数)が増えたため」と言う。

「書き手はまず、想定する読者以外にも読まれることを意識すべき。

また、過去の炎上事例から、たとえば道徳的にまずい発言、特定の人たちに対する悪口など、燃えやすいケースを認識しておく必要があるかも」

自分のブログだから、何を書こうと「自由」と思っている人もいる。

ブログを公開する以上、読み手を意識して、書くべきなのは、言うまでもないが、テレビの時事放談等の番組を見て、ブラックニッカウイスキーを飲みながら、政治家、他人、訪問者を罵倒し、「知能」など、意味不明の文字を書きなぐるブログもある。

心霊写真を公開している、ブログもある。

ある女性が、霊気を感じる、と言って、恐ろしがっているから、見たところ、心霊写真だったと言う、ブログである。

霊は、見えない人には、見えないから、気づかなかったのである。

(そう言われてみれば、人の顔のように見えるが、霊であるかは、定かではない、と言うものである。)

(ヤフーブログには、人が多いので、そういう人もいる)

「必ずしも好意的に読んでくれる読者ばかりではないことを知っておくべき」

「謝るべきときは謝り、説明すべきことは説明する。時間の経過とともに沈静化していきますから、その過程で油を注がないことが大切でしょう」

コメント欄での議論を重視しない人は、コメント欄を設置しない、コメント欄を承認制にするなどの設定にすることもできる。

続きを読む
posted by 望 at 02:41| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

心肺停止状態で病院をたらいまわしにされ死亡 病院側が拒否するのは当然

心肺停止状態で、病院をたらいまわしにされ、死亡した、というニュースについて。

昨年の3月の出来事を今頃になって、何故、報道するのか、という疑問がある。

心肺停止状態になった場合、救急車を呼んで、病院に運んでも、もう助からない事が多い。

救急車が、到着するのに、全国平均で、6分はかかるという。

全国平均だから、もっと時間がかかることもある。

救急車が、到着してから、病院に運ぶことになる。

しかし、心肺停止状態の場合、3分で生存率は、50%、6分では、救命は困難であり、救急車が到着した時点で、もう助からない、と言う。(困難というのは、もう助からない、と言う意味)

救急車が、到着してから、病院に運ぶのだから、病院に運び込まれた時点で、もうすでに、助からないのである。

病院側にして見れば、すでに助からないのに、死んだ責任を問われてはたまらない。

病院側としては、断らざるを得ないのである。

「病院外で心肺停止に陥り、運ばれ て来た人々の大部分は残念ながら病院でそのまま亡くな ります。

かろうじて心臓は動き出し生命はとりとめたとして も、脳の機能は回復せず、いわゆる植物状態となり元通 りの社会生活に復帰することはほとんどありません」

「日本の心肺停止患者さんの社会復帰率はほとんど0%と言っていい程低いのですが、アメリカでは10数%から最近では30〜50%と日本とは比べものにならない程高い数字が示されています」

「アメリカの救急隊員は日本の救急隊員に比し、はるかに高い医学水準にあります。

そこで、日本でも特別に医学教育し、国家資格をもつ救急救命士が誕生しましたが、社会復帰率はまったく改善しませんでした。

アメリカにおける市民による心肺蘇生法の実施率が、日本より高いのも事実です。

さらにアメリカではAEDと呼ばれる除細動器の普及が心肺停止患者の社会復帰率を飛躍的に高めたのです。

そして昨年4月、日本の救急救命士にも「除細動は医師の直接の許可を受けずに行ってもよい」ことに改正されました」

「いち早い市民による心肺蘇生法の開始と、早期の除細動が蘇生の鍵を握るのです」

心肺蘇生は、誰にもできるが、知らない人のほうが多い。

救急車が、来るのを待っている間、心肺蘇生を行えば、助かる率は高くなる。

「あかの他人に心肺蘇生法などをやって、困った事態になりはしないかという不安をお持ちになるかも知れませんが、その心配はまったくありません。

仮に期待せざる事態が起こった場合には、「良きソマリア人法」と呼ばれる世界共通の免責法が適応され、あなたの責任を問われることはあり得ません」

「良きソマリア人法」が、日本で適応されるか、どうかは、疑問である。(この事については、後で書く)

続きを読む
posted by 望 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

性格は顔に出る 口が曲がっている人はどうか 小沢氏は悪そうな顔だが

性格は顔に出ると言われる。

口が曲がっている人はどうなのか。

「文句ばかり言う人は、年をとると口が曲がる。
  我が社の50代のお局様。20年前の写真を見てビックリ!
  すごい美人!今ではまるで別人!面影すら無い!
  毎日愚痴ばかり言っているとあんなに口が曲がるのか!?
 気をつけよ〜っと。」

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1004/150193.htm?o=0&p=7

ナベツネと言う人は、口が曲がっているから、ある程度当たっているようだ。

政治家は、顔で判断される事が多い。

民主党の前原や、自民党の麻生も、口が曲がっている。

田中角栄も、顔面神経痛で、一時、口が曲がった事があったようで、遊説先で、「ウソつくと、もっと口が曲がるぞ」とやじられたと言う。

小沢氏は、悪そうな顔をしているが、やはり、悪い人だった。

続きを読む
posted by 望 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

当ブログの原点について 今年を振り返る

今年もあと少しとなりました。

「能ある鷹は爪を隠すというけれど、いつまでも爪を隠していないで、分かりやすく教えて欲しい」とある主婦から、言われた事がある。

その言葉が、当ブログの原点にもなっている。

周りに遠慮せずに、自己の意見を書く。独断に陥らないように、他のブログを参考にして、反省したり、修正をしていくこともあるが、本音の意見を言うことが、大切だと思う。

それを求めている人がいるからである。

当ブログを閲覧されている、皆さんには、改めて礼を言います。

皆さん、良いお年を。。。
posted by 望 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

バナー張りすぎて「開かずのブログ」になったブログ

あのブログは、単に、他人のブログと本を紹介してるだけだった。他に何も無かった。今まで、重すぎるから、途中であきらめて、記事を見たこと無かった。本当に何も無いブログだった。
「開かずのブログ」。
posted by 望 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。