2011年05月25日

性犯罪でっちあげ女を野放しにするな!!

>宗教法人「小牧者訓練会」代表による女性信者乱暴事件で、準強姦(ごうかん)罪に問われた同会代表で「国際福音キリスト教会」主任牧師卞在昌被告(62)の判決公判が20日、水戸地裁土浦支部であった。神田大助裁判長は「被害者証言を支える客観的証拠がない上、証言にも少なからず不自然な点がある」として、無罪を言い渡した。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-20X122/1.htm

>神田大助裁判長は判決理由で「唯一の証拠である女性信者の証言は、事件前後の被告の行動など枢要部分で不自然さや不合理さを否めず、信用性を認めがたい」と述べた。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2011052001000293/1.htm

唯一の証拠が被害者を自称する女の証言であり、女の証言を裏付ける客観的証拠が存在しない以上、無罪は当然のことだ。被害者を自称する女の証言だけで有罪になるのなら、法治国家とは言えない。この事件では女の証言に不自然さや不合理さがあるというのも無罪判決の理由になっているが、ウソをつくのがうまい女だったら、被告は有罪になっていたというのだろうか?

ウソをついた女の責任はどうなるのか?虚偽申告なら懲役10年までぶちこめる。民事訴訟でもするのだろうか?性犯罪でっちあげ女を野放しにするのだろうか?この女に対する何らかの制裁は必要だ。この手の女を野放しにするからこの種の冤罪事件が後を絶たないのだ。

チカン冤罪の場合、
1 女によるでっちあげ。チカン自体実在しない。
2 チカンは実在するが、女が相手を間違えた。
3 満員電車の中で体が触れた際に自意識過剰な女がチカンと思い込む。この場合もチカン自体実在しない。

以上の3つが考えられるが、もっとも多いのは、3だろう。

犯罪自体少ない日本でチカン等の性犯罪だけが多いとは考えられない。殺人や強盗などの凶悪犯罪が少ない国では性犯罪も少ないと考えるのが普通だ。チカンのほとんどは自意識過剰な女による妄想と考えるのが自然だ。
posted by 望 at 21:08| Comment(9) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

政府・ハーグ条約加盟を決定

日本では離婚後母親が親権を持っていくケースが9割を占めている。男性は子育てに向いていない。子育ては母親にしかできないとする性差による偏見が根底にある。

夫婦は元々他人だから離婚すれば縁を切ることができるが、親子には血のつながりがあるから、縁を切ることなどできない。子供には父親も母親もいる。離婚したとたん片親だけになるのはおかしい。子供にしてみれば父親にも母親にも会いたいだろうし、父親も子供に会いたいだろう。共同親権を認めることが当然のことなのである。

また、母子家庭が利権化していることや子供を虐待して殺すのは母子家庭の母親と内縁の夫が最も多いことも問題だ。内縁の夫にしてみれば、他人の子供だし、母親にしてみれば、新たに男ができれば、前の夫との間に生まれた子供は邪魔な存在だ。実の父親が共同で親権を持っていれば、母子家庭の母親による子殺しを防ぐことができるだろう。

「政府は19日午前、首相官邸で国際結婚が破綻した夫婦間の親権問題解決のルールを定めた「ハーグ条約」に関する関係閣僚会議(座長・枝野幸男官房長官)を開き、同条約に加盟する方針を決めた。

 20日の閣議了解を経て、国内法策定作業に入る。菅直人首相が26、27両日に開かれる主要国首脳会議(仏ドービル・サミット)の際、オバマ米大統領など各国首脳に表明する見通し。政府は早ければ年内にも、条約承認案と関係法案を国会に提出したい考えだ。

 この日の会議では関係法案の骨子も確認。各国との交渉窓口となる組織の外務省への設置や虐待が疑われる場合の子供の返還拒否−などを盛り込む。

 福山哲郎官房副長官は会議後記者団に「子供の福祉を第一に考えた上で、加盟をしてもいいのではないかという結論に至った」と説明した。

 条約は国際結婚が破綻して一方の親が無断で子供を国外へ連れ去った際、いったん元の居住国に戻して子供の親権問題を決着させることが原則。近年、日本人の母親が外国籍の子供を日本へ連れ帰る事例が増加、欧米諸国を中心に加盟を求める声が高まっていた」

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110519/plc11051910250011-n1.htm
ラベル:ハーグ条約
posted by 望 at 20:32| Comment(15) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

憲法違反・狂った女優遇政策

日本を破壊することが目的としか思えない。

「ポジティブ・アクション取組企業数の割合
30.2% (平成21 年)現状

40%超(平成26 年)成果目標」

http://www.gender.go.jp/kihon-keikaku/3rd/3-07.pdf

企業の3割が女を優遇して採用している。

「名古屋大は27日、教授など教員の採用で、研究や社会貢献などの業績が同等であれば、新年からは女性を優先して採用するとの方針を発表した」
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20051228ok05.htm

「女性の割合が特に低い理・工・農学系を対象に、人件費の一部と初期の
研究費として、女性研究者の新規採用1人あたり年600万円を3年間補助する。

 ただし、女性が働きやすい環境を整え、増員を確実に定着させる採用計画をつくった
研究機関に限定する。当面は10機関ほどを選び、100人程度の増員をめざす。」
http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/555788.html

「能力があるにもかかわらず出産、育児のために研究を中断せざるを得ない女性の復帰支援策として、文部科学省は、今年度の3倍強の研究奨励金予算を来年度の概算要求に盛り込んだ。

出産、育児による中断を経て研究生活に復帰する女性に対しては、月額364,000円の研究奨励金を支給する特別研究員制度がある。今年度は30人分の予算がついているが、これを100人に増やす。

このほか、大学や研究機関を対象に、女性研究者の出産、育児と研究を両立させる仕組みづくりを3年間にわたって支援する支援モデル育成予算(今年度10機関、総額5億円)も倍増し、10億円とする。 」

http://scienceportal.jp/news/daily/0609/0609041.html

「朝日新聞5日夕刊、科学面の記事「育児・研究両立へ支援策−女性比率25%へ文科省ようやく始動」(斎藤義裕記者)が、政府の取り組み、大学の対応例を分かりやすく紹介している。

記事によると、出産、育児による中断を経て研究生活に復帰する若手研究者に、返済しなくてもよい月額364,000円の「生活費」を支給し、審査を経て年150万円以内の公的研究費を得る資格も与える特別研究員事業が動き出している。今年度30人の枠に対し、「352人(うち男性26人)の応募があった」。

また、「学内保育の充実や、実験室の機器の操作を自宅でできるシステムの構築などを目指す」日本女子大の例が紹介されている。これは「女性の研究活動を組織全体で支える『モデル大学』に科学技術振興調整費から資金(計5億円)を提供する」国の支援策を受けた取り組みである。

この記事には触れられていないが、文部科学省の来年度概算要求では、前者の「特別研究員事業」の枠を今年度の30人から100人に増やし、後者の「モデル大学」支援資金も倍増することになっている」

http://scienceportal.jp/news/review/0609/0609082.html

政策には優先順位がある。男性自殺者数が増加してるのに、亡国の女優遇政策を推し進めている。

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2009/html/gaiyou/s1_02.html

男女共同参画局は北朝鮮と直接的にか間接的にかは不明だが、北朝鮮とつながっている。北朝鮮の代弁者が男女共同参画局に影響を与えているのだから、間接的に北朝鮮の影響を受けている事実は否定できない。

http://urayamaneko.seesaa.net/article/142603798.html
ラベル:男性差別
posted by 望 at 19:28| Comment(3) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

憲法違反・入試に女枠を設けて女を優遇する九州大学

「本学理学部数学科においては、平成24年度から一般入試(後期日程)の募集人員を分割して、
下記のとおり一般枠と女性枠を設定した入学者選抜を実施します。
なお、一般枠については、男性、女性を問わず出願できます。

1.募集人員
一般入試後期日程
・一般枠 4人
・女性枠 5人
※現行の一般入試後期日程の募集人員9人を一般枠4人と女性枠5人に分割

2.実施教科・科目
大学入試センター試験(一般枠・女性枠共通)
・国 語→「国語」
・数 学→「数学T・数学A」、「数学U・数学B」
・理 科→「物理T」、「化学T」、「生物T」、「地学T」から1
・外国語→「英語」、「ドイツ語」、「フランス語」、「中国語」、「韓国語」から1
一般入試後期日程(一般枠)
・数 学→「数学T」、「数学U」、「数学V」、「数学A」、「数学B」、「数学C」
一般入試後期日程(女性枠)
・数 学→「数学T」、「数学U」、「数学V」、「数学A」、「数学B」、「数学C」
・外国語→「英語U・リーディング・ライティング」

http://www.kyushu-u.ac.jp/entrance/examination/H24yokoku-sugakuka.pdf

女枠のほうに一般枠には無い英語の試験があるのは、数学の出来が悪くても、英語の出来が良ければ入れてくれるという配慮?数学に自信のある女は一般枠で、数学に自信のない女は女優遇枠で、ということか。

税金を使って女しか入れない女子大を設けておくことも憲法違反だが、女優遇枠を設けることも明白な憲法違反。受験生の息子を持つ母親は何とも思わないのだろうか。受験生の息子を持つ母親が抗議したり訴訟を起こすのが効果的なのだが。

とりあえず、メールで抗議するか電話で抗議するのが良い。電話での会話の様子を録音しておき、ゆうつべにうpするのも効果的だ。時間とお金があるなら訴訟を起こすのが良い。
ラベル:男性差別
posted by 望 at 05:22| Comment(4) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

アフォー世代

>「実年齢よりも若く見られたい!!」……そんな欲望に、どの世代よりも際立って忠実なのがアフォー世代だ
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20110425-01/1.htm

アフォー世代という表記は間違えたのか、本音が出たのか?
posted by 望 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

美しい日本人婦人と戦後の醜い日本人女

幕末や戦前の日本人婦人は美しかった。

会津藩

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-775.html

北方領土

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1088.html

「東京に来て初めて乗る市街電車、中野から日本橋に着き降りるとき、停留所には想像もつかない程、たくさんの人が並んでいました。
私には初めてのこと故、慌てて電車から飛び降りました。

その途端、最前列におりました二〇歳前後の若い娘さんの白い足袋の爪先を強く踏み付けてしまいました。

痛かったはずですが、その時の私は、謝る言葉も出ないほどびっくりしてしまい、ひどく責められるか怒られると思ったのです。
その時代の台湾での出来事ならひどく罵られるなど、ただでは済まないことでした。

ところがその娘さんは、びっくりしている私に頭を下げて「アラ、御免なさい」と逆にあやまられました。

私はびっくりして恐縮し、感激しましたが、早々にその場から逃げてしまいました。

これは六十年前の日本社会の一風景と言えましょう。
しかし私には、当時の日本人の生活水準の高さを示す出来事として、生涯忘れられません。

私の人生において最大の感激であり、日本人に対するよい印象であり、日本人に対する認識の始まりでした。
それ以来、私は日本民族を非常に尊敬するようになりました。」

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-968.html

現在、放射線を浴びながら、福島原発で作業をする日本人男性は世界から、サムライとして尊敬されている。日本人女で世界から尊敬されてる人はいるのだろうか?戦前の日本人婦人は尊敬されていた。現在の日本人女の中に尊敬される人はいるのだろうか?
ラベル:女性専用車両
posted by 望 at 04:18| Comment(2) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

「国際結婚」ハーグ条約問題 日本人女による子供拉致誘拐事件

アメリカから子供を拉致誘拐し、FBIから指名手配された日本人女の言い分は、「夫からDVを受けていた」で、そのDVの内容が「夫に支配的態度をとられた」である。アメリカやヨーロッパのDV法では、日本人女の言うような主観的なこと(精神的DV)がDVとして認められることはないし、被害者を自称する女の証言だけを真に受けることもない。(夫から見たら、妻のほうが支配的態度をとっていたにちがいないのだ。)きちんと女がウソをついていないかどうか男性側の言い分も聞き、調査される。

http://www.youtube.com/watch?v=bjVBoVNNR4A&feature=related

アメリカから子供を拉致誘拐した日本人女の言い訳が、「夫からDVを受けた」であり、そのDVの内容が女の主観にすぎないもので、アメリカやヨーロッパではDVと認められない内容だ。日本人女が自分の言い分を正しいと思うなら、アメリカの法廷でどうどうと自分の主張を述べればよいだけだ。日本では夫によるDVと認められるが、アメリカではDVと認められないだろう。

日本政府がハーグ条約にサインして、この問題に正面から取り組もうとすると、(アメリカやヨーロッパのDV法と比べて)日本のDV法の異常性が浮き彫りにされることになる。日本政府がハーグ条約から逃げ続ける理由だ。

日本のDV法の問題点について

http://2nd.geocities.jp/second1653/

日本のDV法の問題に取り組むのまりんの動画

大阪の下村早苗による2児殺し事件でも、児童相談所は5回も下村宅を訪問しているが、1回も警察に通報していない。児相は警察が介入して調査されることを恐れている。児相は警察の調査なしに児童を拉致したいのだ。全国に母子家庭の女は120万人もいて、票田になっている。票がほしいから政治家は、この問題に取り組まずに放置または、さらなる利権の強化を許している。

http://www.youtube.com/watch?v=KQv-K2M24iQ

http://www.youtube.com/watch?v=cPvH8BL7QxY&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=LdnCfzg7lRk&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=ggmPLfzwkoo&feature=related
posted by 望 at 04:12| Comment(6) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

ベッキーが児童に強制猥褻・チカン行為

>ベッキーが日テレ「世界の果てまでイッテQ !」で小学生をチンポロさせてセクハラしたと非難が出ています

「7月22日放送
夏休みスペシャル「世界の果てまでイッテQ!」無人島体験記で
タレントのベッキーが、男子児童の局部を露出させドラム缶風呂に入れました。
その際、おしっこするように抱き抱えM字に開脚させ、無編集での放送です。


綾奈という女子児童の居る前で男子児童からタオルを奪い取り、
なおかつM字に開脚までさせ、無編集で放送しました。ベッキーは児童猥褻」

http://www47.atwiki.jp/sabetumedia/pages/17.html

このテレビ番組は児童ポルノにあたる。
posted by 望 at 06:46| Comment(11) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災時の男性差別

震災のどさくさにまぎれて男性差別がおこなわれていた。
http://www45.atwiki.jp/saigaisabetu/

「女より男性のほうが体力がある」と何の根拠もなく、食糧や毛布の配給を女優先にしたという。毛布が全員に行きわたらないのなら、数人で一枚の毛布を使えばよい。子供に一人一枚の毛布は必要ない。食糧にしても分け合えばよい。
ラベル:男性差別
posted by 望 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

入試に女子枠を設けた九州大学

「公平、公正が建て前の、入学試験に女子枠を設け、“女性優先”を打ち出す大学が出てきた。名古屋工業大学、金沢工業大学、福井工業大学、愛知工科大学自動車短期大学、倉敷芸術科学大学など、もともと女子学生が少ない工業系が多いのが特徴だ。

旧帝大の名門・九州大学でも、来年度入試から数学科の入試後期日程で女性枠を設けることに。同学科の後期募集の定員はわずか9名。うち一般枠の4名は男女ともに受験できるが、5名は女子枠とされ、男子は門前払い。男子受験生には狭き門がさらに狭くなるというわけだ。

九州大学数理学研究院長の金子昌信教授は導入の理由をこう説明する。

「他大学、一般企業を見渡してみても、女性の数学者の割合は非常に少ないのが現状。本学の数理学研究院でも、女性教員の在職比率は3%に過ぎません。国が進める男女共同参画の精神に則って、将来的に教育や研究に多様性をもたらすため、数学を学ぶ女子学生が増えてほしいと考えたのです」」
http://www.news-postseven.com/archives/20110316_15006.html

女の数学者が少ないから、能力のない女に下駄をはかせるのだという。女の数学者が少ないのは、少なくとも入試の段階では、単に数学に興味を持つ女が少ない、数学の能力を持つ女が少ない等の結果だ。能力のない人間に下駄をはかせれば、能力のある人間から機会を奪うことになる。

元々大学入試では女のほうがはるかに恵まれている。女子大はあっても男子大学は無い。私大にも補助金がばらまかれている。国立・公立大にも女子大は多い。税金を使って女子しかいけない大学を設けていること自体差別だ。

女子が少ない学部・学科で、女子枠を設けるのなら、男子の少ない学部・学科、例えば看護や文学部などで男子枠を設けないとおかしい。

平等とはまず機会の平等だ。元々入試の機会だけ見ても、女のほうがはるかに優遇されているのだ。男性から機会まで奪ってしまえば、努力しても無駄だとあきらめてしまう男性が増えるだろう。結局は社会全体が停滞することになる。

理系で能力のない人間を優遇すれば、日本全体の技術力の低下につながる。資源も食糧も外国に依存している日本は、輸出で外貨を稼ぐ以外にないのだ。日本全体の技術力が低下すれば、それもできなくなる。
ラベル:男性差別
posted by 望 at 20:02| Comment(1) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

反日フェミによる犯罪・痴漢でっちあげ女・泥棒でっちあげ女

反日フェミによる犯罪で男性が殺された事件である。

「三重県四日市市のスーパーで68歳の男性が警官に取り押さえられた後に急死した。男性は財布を巡ってもみあい、若い女性から「泥棒!」と叫ばれた。ところが、財布は男性のものだった。この「事件」が不起訴に終わったのをきっかけに、女性が泥棒なのではないか、警察の責任が問われないのはおかしい、といった声がネット上にあふれている。

2004年2月17日に起きたこの事件では、若い女性が「泥棒!」と叫んだのがきっかけだった。

当時68歳の男性は、2011年3月4日になって津地検四日市支部が公訴時効だとして不起訴にしたが、2人がもみあっていたのは男性の財布を巡ってと説明したと報じられた。

同支部は、女性が叫んだ以外に証拠はないともしたため、2ちゃんねるなどでは、財布を盗もうとした女性が男性に見つかり、逃げようとして窃盗未遂の罪をなすりつけたのではないかといった疑問がくすぶっている。女性は2歳ぐらいの子どもを抱いていたが、「子連れなのも警戒心解くための常套手段ではないか」との指摘も出ている。

当時の報道などによると、男性はジャスコ四日市尾平店で、飼っていたハムスターの餌を買うなどして、両手に買い物袋を持つほどになった。その後、ATMコーナーで年金を下ろし、電気代などが引き落とされる別の口座へ預けようとして事件は起きた。

防犯カメラの映像によると、男性の背後に女性が現れ、男性の体を触るしぐさをした後、いきなり男性の胸をつかみ、叫びながら男性ともみあい始めたというのだ。買い物客らに捕まった男性は、万引き事件で店内にいた四日市南署員2人に制圧され、うち94キロも体重がある1人がうつぶせの男性に馬乗りになって、約20分間も押さえつけた。男性は嘔吐して意識不明になり、翌日に高度のストレスによる高血圧性心不全で亡くなっている。

事件後4日経った2004年2月21日に四日市南署が男性は無実であると断定したと報じられた。しかし、女性が見つからなかったため捜査は継続され、時効が成立した翌日の11年2月18日に「実際に窃盗の事実があったかどうか分からなかった」との意見を付けて男性を書類送検していた。

とすると、男性の財布を巡ってもめた女性が「泥棒」だったのだろうか。」

http://www.j-cast.com/2011/03/08089908.html

コメントより

「今回のように故意に嘘をついたと分かる事例の
”冤罪の自称被害者(痴漢冤罪を含む)”に対しては
厳しい罰則を設けるべきと思う。この女は絶対に捕まえるべきだ。
しかし、
「女性の言葉は信じるな」じゃなく、
「両方とも信じるな」だよ。
男女ともに悪い奴はいるんだから。
女だから信じたと言う姿勢はバカとしか言いようが無いが、真実が分かるまで両方とも信じてはいけない。
両方とも拘束すべきだった。」

内閣府の男女共同参画局や自治体の男女共同参画センターなどが「女性に対する暴力の根絶」などと訴えている。では男性に対する暴力はいいのか?と疑問に思うし、DVにしてもセクハラ、性犯罪にしても、すべて女=被害者で加害者=男性という前提に立っている。官僚・公務員が上からトップダウン方式に「女=被害者で加害者=男性」と洗脳しているのだ。だから、被害者を自称する女の言うことを真に受けた結果、男性が殺される事件も起こる。

連合や日弁連とともに内閣府の男女共同参画局に影響力を持つフェミ団体が北京JACであり、北京JACの代表の一人である清水澄子は「朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会」代表で、北朝鮮の代弁者と呼ばれた人物だ。内閣府の男女共同参画局は北朝鮮とつながっている可能性があるのだ。直接的なつながりがあるかどうかは不明だが、北京JACの清水澄子を介しての間接的なつながり・影響力の存在は容易に想像できる。

http://urayamaneko.seesaa.net/article/142603798.html

さらに言えば、内閣府自体が怪しい。丹羽春喜氏によれば、内閣府が公表している経済統計にはウソがあるという。以下の3つである。

1 デフレギャップの存在を隠蔽

2 有効需要(乗数効果)の作動状況を否認

3 政府に通貨発行特権があることを隠蔽

丹羽春喜氏が内閣府の嘘を指摘

http://www.youtube.com/watch?v=vWSfvY3Ay2g&N

内閣府はトロイの木馬ではないか?。日本の経済力を削ぐためにウソの経済統計を垂れ流し、フェミ政策で日本を破壊する。反日国家が日本を侵略するための下準備だ。
posted by 望 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

女の性犯罪者female sex offendersを野放しにするな!!

再犯防止のため性犯罪者にGPS端末の携帯を義務付けることが、宮城県、大阪府で検討されている。性犯罪者=男という前提で議論されているが、女の性犯罪者も当たり前にいることを忘れてはならない。

冤罪の場合はどうなるのか?再犯防止ということなら性依存症の治療も検討すべきではないのか?女の性犯罪者を野放しにするのか?

>It has been said on here before that sexual abuse by a female is under reported. It has also been pointed out that the statistics used in official reports are also misleading.

The article is titled Women paedophiles come out of hiding:

http://www.thefirstpost.co.uk/54292,news-comment,news-politics,women-paedophiles-come-out-of-hiding

>a British child protection charity that deals with female sex offenders, estimates that as many as 20 per cent of Britain's 320,000 suspected paedophiles are women.

http://www.guardian.co.uk/society/2009/oct/04/uk-female-child-sex-offenders

>Women suspected of committing sexual offences have traditionally been treated differently by the criminal justice system, often being referred on to social services or welfare agencies for treatment. While male paedophiles tend to be viewed as predators, female paedophiles have in the past been regarded as mentally ill.

男の性犯罪者は悪党だが、女の性犯罪者は心の病気なのだから、治療してさしあげなければならないというのだ。

http://female-offenders.com/Safehouse/2010/10/female-sex-offenders-often-not-reported.html

>Women are less likely than men to commit sex offenses, but they also are less likely to be reported and prosecuted. Many experts contend that women commit sex offenses far more often than is generally believed.

"It happens a lot more than gets reported, and I think part of that is due to our culture," said Steven B. Blum, a consulting psychologist to a sex offender program in Nebraska. "There are a lot of women who have sexual contact with teenage boys, and they don't get reported."

http://www.fact.on.ca/news/news0208/lt020816.htm

女の性犯罪について。日本のケース。female sex offendersで検索するとたくさん出てくるが、日本では検索してもこれくらいしか出てこない。検索してもほとんど出ないのが現状で、女の性犯罪者はいないと思い込んでるバカも多い。アメリカやイギリスに女の性犯罪者がいるのに、日本に女の性犯罪者がいないなどというバカげたことはありえない。アメリカやイギリスでは女のチカンも逮捕されているのだ。

http://www.geocities.jp/usitarou2005/page20.html

http://prayermaria.blog74.fc2.com/blog-entry-60.html

セックスオフェンダーfemale sex offenders(性犯罪者)として登録された女
http://urayamaneko.seesaa.net/article/186458727.html

男性をチカン予備軍として排除する女性専用車両の存在そのものが男性に対するセクハラ、性的嫌がらせであり、間接的な性犯罪である可能性も高い。

性依存症について

>原田さんによると、先行する欧米では、何もしない場合に比べて再犯率が30%減ったという研究結果が出ている。

>刑務所を出てからGPSを付けるよりも、早期に治療を受ければ、被害者は少なくてすむし、本人の回復も早い。初犯の厳重注意の時点で治療のパンフレットを性犯罪者に渡すなどすればGPSよりも公費負担は安価で済む」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110207-00000016-kana-l14
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000033-kana-l14
posted by 望 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

セックスオフェンダーfemale sex offenders(性犯罪者)として登録された女

セックスオフェンダー(性犯罪者)として登録された女(アメリカ)

http://www.hiroburo.com/archives/51183511.html

2ちゃんのは偏向している。↓のが本当の姿。

http://crime.about.com/od/sex/ig/female_pedophiles/

>Women Arrested for Indecent Behavior With Kids
Accused Female Pedophiles, Molesters and Sex Offenders

Molesters=チカン

http://www.wnd.com/?pageId=39783

イギリスの場合

http://www.guardian.co.uk/society/2009/oct/04/uk-female-child-sex-offenders

こういう制度を日本でも導入しようとする動きがあるのだが、日本の場合、性犯罪者=男という偏見があり、女の性犯罪者は野放しという傾向がある。実際には逮捕された女もいるのだが、マスコミやネットでは依然として性犯罪者=男という偏見がある。性犯罪者=男という偏見を前提に議論しているのだ。アメリカやイギリスの女は性犯罪を犯すが、日本の女は性犯罪を犯さない等というバカげたことはない。
ラベル:男性差別
posted by 望 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

米高官・日本はハーグ条約に加盟すべき

日本人女による子供の拉致・誘拐が国際問題になっている。子供の人権を守るためにも日本は直ちに共同親権を認め、ハーグ条約に加盟すべきである。

http://www.youtube.com/watch?v=K2aORav9BA8&NR=1
ラベル:ハーグ条約
posted by 望 at 02:11| Comment(8) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

顔の障害・男性差別に違憲判決

「顔などに著しい傷が残った際の労災補償で、男性より女性に高い障害等級を認めているのは違憲として、京都府内の男性(35)が国に障害補償給付処分の取り消しを求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。瀧華聡之裁判長は「合理的な理由なく性別による差別的扱いをしており、憲法14条に違反する」として原告側の主張おおむねを認め、国に同処分の取り消しを命じた。原告側代理人によると、労災補償の障害等級の違憲性が認められたのは全国初という。

判決理由で、瀧華裁判長は訴えの対象になっている障害等級の男女の差について「著しい外見の障害についてだけ、男女の性別で大きな差が設けられていることは不合理」と指摘。「法の下の男女平等」を定めた憲法14条に違反していると認めた。

 判決によると、男性は平成7年11月、勤務先の金属精錬会社で作業中、溶けた材料が作業服に燃え移って大やけどを負い、顔や胸などに跡が残った。園部労働基準監督署は16年4月、男性の障害等級を11級と認定した。

 原告側や厚生労働省によると、労災補償保険法が定める障害等級表では、女性が同様のけがを負った場合、第5級と認定される。1〜7級は年間賃金の一部を年金として毎年受給できるが、8〜14級の場合は一時金しか受けれないという。

 障害等級において女性の方が上位に格付けされていることについて原告側は「障害等級の基準には、男性に対する不合理な差別がある」と主張する一方、厚労省は「(現行の障害等級表は)顔のやけどなどの障害によって受ける精神的苦痛は女性の方が、男性に比べて大きいという社会通念に基づいて定められている」としていた。

 【用語解説】障害等級表

 昭和22年に労働基準法とともに国によって作成された労災によって受ける身体的な障害の等級表。第1〜14級の計14段階に分かれている。1〜7級の場合は年金給付となり、障害等級8〜14級の場合は一時金給付となる。」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/396246/

顔などの障害によって受ける社会的不利益や精神的苦痛は男女同じ。当たり前のことだ。
ラベル:男性差別
posted by 望 at 23:01| Comment(11) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2児殺しのサイコパス・下村早苗に殺人罪

>大阪市内のマンションで昨年7月、幼い姉弟2人の遺体が見つかった虐待死事件で、大阪地検は4日、殺人罪で母親の無職、下村早苗容疑者(23)を起訴した

http://www.sankei-kansai.com/2011/02/05/20110205-049282.php

下村早苗の離婚理由については、「下村早苗の浮気が原因説」と「元夫の浮気が原因説」の二つがあるが、「元夫の浮気」が原因とする説は2ちゃんが元ネタでソースはない。一方「下村早苗の浮気が原因説」のほうは、ヤフーニュースと産経新聞にソースがある。新聞記事のほうはリンク切れになっているが、ソースが存在した。

http://hitorigoto447.blog114.fc2.com/blog-entry-30.html

下の二つのブログは「産経新聞によると」以下全く同じ文面になっている。産経新聞の記事をコピペしたものだろう。なんか同一人物のブログのようだが。

http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/1727849/

http://net-news-jp.jugem.jp/?eid=999

産経新聞の記事のほうは、よくわからない書き方をしている。これだけでは下村早苗の浮気が離婚の原因とはいえない。過去の離婚事由にまでさかのぼると、関係ない人まで巻き込んでしまうため、それ以上は書けないのだろう。

>離婚の原因が旦那の浮気というのは2chに降臨していた自称元彼氏の主張ですよ。
養育費は元旦那の親から支払われていたとも書き込みしてました。
離婚後に名古屋のキャバクラ時代、大阪へ逃げるまでの期間交際していたという人物。
その後、俺が騙されていたことを認めると書き込みして消えました。
婚姻中も育児放棄していたとの報道がよほどショックだったようで。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1144695391

2chに降臨していた「自称元彼氏」の主張にソースはない。2ch発ネタの目的は「加害者は元夫」という世論作りだったのだろう。現に釣られてる人がいる。

似たような事件が過去に起きていた。

4歳兄、生ゴミ食べて生き延びる 1歳児放置死

http://www.youtube.com/watch?v=2_w_UORsgDI

ここにもいろいろ。

http://baby.yahoo.co.jp/chiebukuro/detail/1444504004/

下村早苗や山崎愛美はサイコパスの可能性が高い。ブログでは育児に熱心な良い母親、育児に悩んでる被害者・悲劇のヒロインの母親を演じることで同情を集め、実際は男遊び。サイコパスは被害者を演じて同情を集めることが巧みであるため、事情を知らない人は騙されてしまうのだ。

こういう事件は増えているのだろうか?

統計によると増えてはいない。少年犯罪も児童虐待も減っている。(過去記事)

心配なのは、この事件をきっかけに児童相談所の権限を強化しようとする動きがあることだ。(児童相談所や婦人相談所の実態については過去記事を参照)

児童相談所ではなく、普通に警察がなんとかできたような気がする。
posted by 望 at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

差別利権・アイヌ利権・在日と同和がアイヌ利権に関与

アイヌは室町時代から混血が進んでおり、純粋なアイヌ人は室町時代の終わりころにはいなくなっていた。アイヌ対策として税金が使われている。(例・鳩山政権下で10億円。)在日と同和がアイヌ利権に関与。ノウハウを提供。アイヌとは全く関係ない人たちが利権に群がっている。ありもしない差別をねつ造し、「差別されてきた(差別されている)から利権をよこせ」という手口は在日、同和、フェミニストの手法と同じだ。

【アイヌの真実】砂澤陣氏に聞く
http://www.youtube.com/watch?v=PrNkZHyGx9I&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=e07pesr-JhY&feature=relmfu

1/3【藤井厳喜in札幌】砂澤陣さんに聞く「アイヌ利権の真実」

http://www.youtube.com/watch?v=MtZ-xZm7cws&feature=relmfu

2/3【藤井厳喜in札幌】砂澤陣さんに聞く「アイヌ利権の真実」

http://www.youtube.com/watch?v=1-hc8YSzZXg

3/3【藤井厳喜in札幌】砂澤陣さんに聞く「アイヌ利権の真実」

http://www.youtube.com/watch?v=otsMWjosFg0
ラベル:在日
posted by 望 at 05:49| Comment(2) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮頸ガン予防ワクチン・サーバリックス・不妊になるというのはウソ・副作用はあるが効果不明

子宮頸ガン予防ワクチン・サーバリックスについての動画。

不妊になるというのはウソ。このワクチンに限らず、環境問題や原子力発電、遺伝子組換えなど、文系の人が知識もないのにでたらめを言ってることはよくある。

副作用は当然あるが、効果ははっきりしていない。国や自治体をあげて税金で集団接種推進していることから、巨額な利権がからんでいるのではないか? と言われている。

http://www.youtube.com/watch?v=MzOBTb2GldU&feature=related

個人的な話だが、私は子供のころからワクチン接種を受けたことがない。アレルギー体質の人にワクチン接種を行うと副作用のほうが強く出る(死亡例もある)からと言う理由でインフルエンザ等の予防接種の際には常に医師の判断で接種の対象からはずされていた。ワクチン接種による予防効果よりも副作用の危険性のほうが高いと判断される場合は、ワクチン接種はしないのだ。それでインフルエンザに感染したことがないのかというと良く分からない。風邪を放置しといたら治った。それがインフルエンザだったのかもしれないということはあるのだろう。個人の体験を一般化できないが、インフルエンザなんて本来その程度のものだろう。

インフルエンザが流行してるから、すぐにワクチン接種というのは、おかしいのではないだろうか?

インフルエンザはドル箱と語る医師。インフルエンザ程度で病院に行くのは間違いと語る。

http://www.youtube.com/watch?v=vP2Jv83WX-w&feature=related
ラベル:公明党
posted by 望 at 02:21| Comment(1) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

専業主婦特権・パート主婦特権・在職老齢年金・働かない方が得する制度を廃止せよ

日本には働かないほうが得という制度がいくつかある。専業主婦特権・パート主婦特権・在職老齢年金等である。専業主婦・パート主婦は、年収が130万円以下なら、年金保険料も健康保険料も払わずに年金を受給でき、健康保険で医療が受けられる。老齢年金の場合、働いて一定以上の収入があると年金受給額が減る。こうした働かないほうが得する制度を廃止して、働いたほうが得という制度に変えていかない限り、日本全体が沈没してしまうだろう。

>6月18日から施行される改正貸金業法

担保も収入もない専業主婦が夫に無断でお金を借りることができたこれまでが異常だったと言える。何故専業主婦を“被害者”と呼ぶのか、理解できない。

>過重債務の“元凶”とされた(1)グレーゾーン金利の撤廃(2)上限金利の引き下げ(15−20%)(3)「借入総額が年収の3分の1を超えてはならない」という総量規制

>無収入の主婦に対する貸し出し審査が厳しくなり、金を借りるには夫の同意書が必要になる。ところが、消費者金融から借金をしている専業主婦の約4割は夫に内証で借りているといいます
>消費者金融大手6社はすでに、専業主婦への貸し出しを縮小。6月以降の新規契約は受け付けず、既存顧客にも追加貸し付けはしない方針だ。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100525/dms1005251630017-n2.htm

「在職老齢年金」とは、老齢厚生年金の受給権者が厚生年金の被保険者である場合に、年金額と賃金との合計額が一定の基準額を超える場合に、賃金と年金額に応じて年金の全部または一部を支給停止する制度である

http://diamond.jp/articles/-/9139

>130万円の壁はどうでしょうか。この「130万円の壁」とは、この範囲内に収入を納めることで、健康保険の扶養と国民年金の第3号被保険者に該当することになり、自分自身で健康保険料、国民年金保険料を払う必要がなくなります。

>妻が健康保険の扶養や第3号被保険者に入ったからといって、世帯主の保険料は上がりませんので、そういう意味では「お得」と言えます。

>130万円の壁を超えると、自分で健康保険と、国民年金の保険料を払う必要が出てきます。仮に国民健康保険に加入したとすると、最低でも月5,000円は掛かると思われます。また国民年金の保険料は現在月15,100円(平成22年度)ですから、両方で月2万、年間24万の保険料負担が発生してしまうことになります。

>130万なら、負担0
>135万なら、負担24万
(税金は考慮せず)

>どちらが得か明白ですね。

http://allabout.co.jp/finance/gc/13423/

>「パートと年金」の問題は検討が進められているところですが、現在の規定では1週間の勤務時間と1ヵ月の勤務日数が正社員の4分の3以上(週30時間以上が目安)あると、パートタイマーでも厚生年金に加入しなければなりません。

http://allabout.co.jp/finance/gc/13233/3/

女の場合、自ら非正社員・非正規雇用を選んでいる可能性が高い。そのほうが得だからだ。

年金は最低限の生活を保証する程度の額にし、贅沢をしたければ、働くなり貯金を活用するなりして自分のお金でやりなはれ、という制度に変えていかない限り年金制度自体持たない。当然働いたら年金を減らす制度は廃止すべきだ。

年金保険料の推移

http://www.anshin-rougo.com/shiryou.html
ラベル:年金
posted by 望 at 16:43| Comment(7) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

「イランの女性は抑圧されているから、アメリカが解放する」ラムズフェルド

フルフォード訳によるフェミニズム批判の書である。フリーメイソンやイルミナティーといった陰謀論の部分を差し引いて読むと、参考になるところもある。男性を貶め、女を持ち上げるCM,女によるDVでっちあげ、ポジティブ・アクションによる女優遇など、日本と北米で全く同じことが行われていることに驚く。フェミニスト活動家が共産主義の活動家だった点も同じだ。

ただ、「男らしさ」の復権を説くこの手の古い立場の反フェミの主張は、フェミのダブスタ・ご都合主義と利害が一致してしまう恐れがあるので、注意すべきである。フェミと古い反フェミが結託すると、男性にだけ義務や責任を押し付け、女が男性に寄生することを正当化し、男性の負担をさらに重くする結果になることに最大限の注意を払うべきだ。この本の著者も男性にのみ兵役が義務付けられていることを当然のこととし、さらに男性が積極的に戦争に参加すべきだともとれることを言っている。

ラムズフェルド国防長官が「イランの女性はイスラム教によって抑圧されている。近いうちアメリカがイランを解放するだろう」と述べたことが、この本のなかで指摘されている。

http://urayamaneko.seesaa.net/article/160225430.html

フェミニストが戦争を煽り、フェミの主張がイスラム圏に対する資源強奪を目的とする侵略戦争を正当化するために使われている事実が、確認できたことになる。

「フェミニズム」と「同性愛」が人類を破壊する

「フェミニズム」と「同性愛」が人類を破壊する

  • 作者: ヘンリー・メイコウ
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2010/09/10
  • メディア: 単行本



posted by 望 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | フェミニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。