2011年12月29日

女性専用は男女平等に違反・デンマーク

>女性専用フロアについて「男性を侵入者と決めつけ」、デンマークの男女平等法に違反するものだという匿名の訴えが男女同権委員会に届き、委員会は11月、ホテルに男性との共有フロアに変えるよう命じた。。。。これに対し、ユッテ・ラーセン(Jytte Larsen)氏は女性専用フロアが性差に基づく差別を禁じる男女平等法に抵触するという主張は的外れな上、たった1人の男性の意見が通った判断だと批判する。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2847757/8232689

デンマークには男女同権委員会があり、男性が差別されている場合、男性の意見も聞いて対応している。日本だったら男性の意見は無視するだろう。
>女性専用フロアの部屋の宿泊料金は1泊300クローネ(約4100円)で他のフロアよりも高い
女性専用の特別の部屋を設けて、料金が男女同じだったら、明らかに違法だろうが、このケースでは料金が高い。日本では料金が同じ場合が多い。男女平等先進国と言われるデンマークでは、一応男性差別にも対応しているようだが、日本の場合は男女平等ではなく、単なる女優遇だ。
posted by 望 at 23:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

警視庁の予算を決めてるのは創価学会・公明党

「警視庁と埼玉、千葉、神奈川県警は先ごろ、電車内への防犯カメラ設置など痴漢対策への協力を鉄道事業者に呼びかけた。警視庁が先月、女性を対象に行った調査では、8割以上が「痴漢にあったことがある」と回答しているが、中には“冤罪”もありそうだ。」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/319891/

8割以上という数字はウソである。殺人、強盗など他の犯罪が少ないのに性犯罪だけが多いということはあり得ない。殺人、強盗などが多い国は性犯罪も多いし、少ない国は性犯罪も少ない。自意識過剰な女がチカンとかん違いしているケースは相当多いだろうし、警視庁の調査そのものが信用できない。警視庁の予算を決めているのは都議会でキャスティングボードを握る公明党・創価学会だ。また警視庁には創価学会員が1000人いると言う。公明党・創価学会が女性専用車両を導入する際、警視庁はチカン件数が増えているとウソをついていた。

http://urayamaneko.seesaa.net/article/67307480.html?1323776165

防犯カメラの設置など痴漢対策への協力を鉄道事業者に呼びかけるのなら、女性専用車両はチカン対策になっていないと認めてるようなものだ。実際何の効果もない。

「電車内で女子高校生に痴漢したとして、埼玉県迷惑行為防止条例違反罪に問われた同県職員の男性(35)に先月24日、無罪判決が下った。女子高生の下着に付いた細胞のDNAと男性のDNAが一致せず、男性の手のひらと手の甲から採取した繊維片に女子生徒の衣類は含まれていなかったという」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/411054/

レイプ親告の半数は女の虚偽申告・ウソである。

http://urayamaneko.seesaa.net/article/219186687.html
posted by 望 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

女性専用車両の起源は韓国・日本社会を破壊する女性専用車両

何かと起源を主張する韓国だが、女性専用車両の起源は韓国である。これだけは正しい。この女性専用車両は日本社会を支えてきたモラルを破壊しているのだ。日本社会はお互いに思いやること、譲り合うこと、助け合うこと、(嫌な言葉だが)監視しあうことによって秩序が保たれてきた。

ところが、一方的に男性は女に席を譲って当然、男性は女におごって当然、男性は女を養って当然、等とお互いに譲り合い、助け合い、思いやるのではなく、一方的に男性が女に譲り、思いやるのが当然であると公然と主張するクズ女が増えてきたのだ。当のクズ女には男性を思いやる気などさらさらない。増殖するクズ女は日本社会を根底から腐らせ破壊していくだろう。

この点を詳しく解説したブログから、少し長いが引用

「韓国ソウルで始まった女性専用車両−今から10数年ほど前、94年か95年ごろではなかったかと思う。朝の通勤時間帯に放送されていた「ズームイン・朝!」(日本テレビ系列・01年終了)を観ていたら、韓国・ソウルの通勤電車で、痴漢行為の多さに手を焼いた鉄道会社が、痴漢対策に女性専用車両を導入したというニュースが流れていた。

女性だけが詰め込まれた車両に、ひとりポツンと韓国人の中年サラリーマン。女性だけの車内をきょろきょろと見回し、やがて「ハッ」と気づき、バツの悪そうな素振りで、その女性専用車両をそそくさと出ていく姿。周囲の女性たちはクスクスと笑っていた・・・。

当時、私はこのニュースを見て、思いっきり声を出してゲラゲラと笑った。「なんて破廉恥だ!いかにも韓国らしいニュースだ(爆笑)」と。ある種の侮蔑の感情で当時の女性専用車両が導入された韓国を観ていた。」

性犯罪大国韓国で導入された女性専用車両は、その後実効性が小さいため、消えている。

>女性専用車両は1992年水原(スウォン)−仁川(インチョン)間の国鉄と、地下鉄1号線区間で導入されたが実効性が小さかったためひっそりと消えた。

韓国では女性専用車両は実効性が無いという理由で白紙撤回され、地下鉄保安官と防犯カメラが設置された。

http://urayamaneko.seesaa.net/article/230974004.html

その破廉恥な韓国らしい女性専用車両が創価学会・公明党によって日本で導入されることになる。

「公明党の選挙ネタとしての女性専用車両−それから10年ぐらい経過し(05年前後)、あのエゲツなく堪らないほど破廉恥な女性専用車両が東京に登場。それと、同時期だったと思うが、女性専用車両の登場と同時に、JRの駅構内に中国語とハングル文字の案内表示が増えていった。この2つの動き、実は見事なほどに連携している。

それというのも、これらを促進してきた組織が公明党・創価学会である。公明党は、自公連立政権下において、執拗までに国土交通大臣のポストに固執した。北側一雄氏が小泉内閣時代において04年9月から06年9月まで(小泉第2次と第3次内閣)、冬柴鐵三氏は06年9月から08年8月まで(安部内閣と福田内閣)、計4年間、公明党は国土交通省を我が物としたのである。

その間、04年12月、韓国人観光客の日本への渡航に際してのビザ免除措置、続いて、05年7月、中国人への団体観光ビザ発給地域の拡大(大都市から中国全土へ)を打ち出していく。

そして国内では、創価学会の婦人部・女子部を総動員し、「痴漢防止のための女性専用車両導入を訴える」署名活動を駅前や各家庭への訪問によって展開し、数万という署名を集める。「女性専用車両を実現しましょう」と言われて反対する女性は稀である。そして大量に集まった署名を携えて、公明党の大臣がいる国土交通省に陳情に訪れたり、各私鉄に対して「女性専用車両の導入」の要請を行ってきた。さらに、選挙が近づくと、公明党は「党の献身的な活動によって女性専用車両を実現しました!」とその実績をアピールし、浮動票である女性票を取り込もうとしてきた。つまり、女性専用車両は、公明党・創価学会の選挙のネタだったのだ。」


女性専用車両には「痴漢防止」の効果が全く無い。だから「本家」・「元祖」の韓国では廃止されているのだ。(ついでに、パチンコも韓国では全面禁止にされている。韓国を宣伝するフジテレビをはじめとするマスコミは韓国の良い面、日本が韓国から学ぶべき点については全く報道しない。)

「目的が変更された女性専用車両−当初は「痴漢防止」のための女性専用車両の導入だったが、導入前と後の「痴漢被害件数」をみると、横ばいまたは増加している。それもそのはず、10両編成のうち1両を女性専用車両としても、痴漢行為を常習とする人間は他の9両で、その行為を犯すのだ。だから「痴漢冤罪防止」には何ら効果はない。したがって、女性専用車両は「痴漢防止」には効果を発揮せず、ただただ「女性専用のサロンカー」と化していったのである。

一方、昨年12月からJR埼京線で導入された防犯カメラの車内設置によって10年度1〜2月期の「痴漢被害」が昨年より半減したと警視庁が報告(10年3月)。その結果をもって、今年4月には、埼京線の全車両に防犯カメラが設置されることになった。防犯カメラこそが、現時点で考えられる最も有効な「痴漢対策」であり、女性専用車両はその効果はまったくないのである。

にもかかわらず、防犯カメラが有効な解決策とすでに判明しているにもかかわらず、今年4月に同じJRの京浜東北線において、女性専用車両が新規に導入されるという矛盾が起きている。つまり、いまやJRは、女性専用車両の目的を本来の「痴漢防止策」から「女性のための特別優遇車両」へとすでにシフトしたのだ。

鉄道各社が真剣に「痴漢行為の防止」に努めようとするのであれば、その効果が実証済みである防犯カメラを積極的に設置し、と同時に、当初の目的を果たせなかった女性専用車両を廃止すべきなのだ。鉄道各社は単に「女性客の満足度」を高めることに努めるようになった。またプラットホームでは、女性専用車両へ乗降する女性客のための「コスメティック関連ショップ」が開店され、女性をターゲットに絞ったマーケティングが展開されるに至っている。さらに、女性専用車両内の中刷り広告を眺めれば、やはり女性にターゲットを絞った広告が目立つ。さらに「第三文明」や「潮出版のパンプキン」などの創価学会・聖教新聞系の出版社の広告が、車内広告全体のなんと大きなシェアを占めていることか。TVや新聞などのマスメディアが創価学会に支配されていると言われて久しいが、電車という「空間メディア」も創価学会がすでに支配していたのである。創価学会にとっても鉄道会社とっても、女性専用車両は、すでに美味しい装置となっていたのだ。」


「男性たちの視線を気にすることなく化粧も食事もできる非常識空間・女性用サロンカー」となったのだ。パブリック(公共)という空間は、「異性の眼」が存在するからこそ、「パブリック(公共)における常識」が保持されてきたのだと思う。「みっともない」という感覚、そうした感覚を憶えるような行為をしないよう各人が努める、ある種の緊張感がパブリック(公共)に秩序をもたらしてきた。そのパブリック(公共)から男性という「異性」を排除してしまえば、そこは女子高の寮や女性用トイレと同じ空間となってしまうのだ。いわゆる女性たちが異性の視線を気にすることなく安心(=リラックス)して「醜態」を晒すことのできる空間。ゆえに、私は女性専用車両のことを次のように語っている。「エゲツなく、いかがわしく、破廉恥きわまりない空間、それが女性専用車両である!終戦直後の食糧難の一時期、池袋から東上線や西武線を使って東京から埼玉へ肥料としての糞尿を運んだ列車のことを下肥列車(または黄金列車)と呼んだ。現代の下肥列車、それが女性専用車両であり、エゲツなく破廉恥な女性専用車両は、沿線に猛烈な悪臭を放ちながら走っているのだ!」と。

日本社会の破壊をもくろむ公明党・創価学会−これまでの社会、常に男と女、子供からお年寄り、健常者と体の不自由な人、そんな人たちが入り混じって、助け合い、譲り合いながら暮らしてきた。無言ながらも、お互いの視線がお互いを監視し合い、いわゆる「世間体」が保持され、日本の「道徳」が維持されてきたのである。女性たちが異性の視線を気にすることなく安心(=リラックス)して醜態を晒すことのできる女性専用車両、いまの小学生の子供たちの瞳にどのように映っているのだろうか?それを考えると恐ろしい。「痴漢防止策で女性だけの車両があるなんて男性はみなケダモノなのか?」「女性に生まれたことは特権なのか?」「電車の中で、女性たちは食事も化粧も好き放題やっているが、これが公の姿なのか?」・・・そう思いながら子供たちが育っていくことが怖いと思う。

そもそも日本は女性が夜道をひとりで歩くこのできる数少ない国。日本の性犯罪発生件数は、世界で群を抜いて低い。日本ほど治安の良い国を挙げることが難しいくらいだ。何がそのような日本を作ってきたのか、良くも悪くも日本人が互いの眼を意識し合う「世間体」だったのではないのか?その日本社会の「世間体」を「人間革命」とか「第三文明」といったスローガンで破壊を試みてきた似非宗教団体が創価学会。女性専用車両は、その日本社会を瓦解させようとする創価学会によって注入された猛毒である。」
http://tamagawaboat.wordpress.com/2010/05/17/womenonlycars-deadlypoison-injected-into-japanesesociety/

女性専用車両は公明党・創価学会が票集めと信者獲得、金儲けのために導入。ゆうつべで削除された女性専用車両と公明党・創価学会について解説した動画↓

http://www.dailymotion.com/video/xd5aeu_yyyyyy-yyyyyyy_news
posted by 望 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

【韓国】ソウル地下鉄に痴漢取り締まり保安官を投入・女性専用車両は「実効性が無い」と白紙に

「来月からソウルの地下鉄で痴漢を取り締まる地下鉄保安官が活動する。 各車両には防犯カメラが設置される。 女性専用車両の導入は事実上、白紙になった。 実効性がないという指摘のためだ。

 ソウル市は地下鉄性犯罪を防止するため総合安全対策を1日に発表した。

 地下鉄保安官は三段警棒とデジタルカメラを携帯し、性犯罪を取り締まる。 カメラは証拠確保用だ。 保安官は午前7時から地下鉄の終車運行が終わるまで勤務する。 痴漢が多い出退勤時間には私服を着て取り締まりをする計画だ。 ソウル市は来月75人の保安官をまず投入し、来年には75人を追加配置する予定だ。

 ソウル市はこれとともに地下鉄の各車両に防犯カメラを2台ずつ設置することにした。 痴漢が多い2号線にまず設置した後、2013年までに全路線に拡大する計画だ。 プライバシーを保護するため乗客が非常ベルを押した場合にのみ機関室のモニターに画面が映し出されるシステムを使用する。 火災が発生した場合も画面が映し出される。 現在、地下鉄の駅舎とプラットホームにのみ防犯カメラが設置されている。

 当初、今月から運営する計画だった女性専用車両はこの日発表された対策から抜けた。 男性全体を潜在的な犯罪者扱いをしているという反発が強く、女性も効果が無いと考える人が多いからだ。」

ソース(Yahoo・中央日報) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110902-00000034-cnippou-kr

http://unkar.org/r/news4plus/1314961866

少し詳しい↓

「10月から、ソウル市の地下鉄に性犯罪防止対策の一環として「地下鉄保安官」が配置される。
また、地下鉄の車両内に監視カメラを設置するほか、駅の女性トイレの非常呼び出し電話も増設
する。ソウル市は1日、地下鉄内でのチカン行為や暴行などの犯罪防止に向け、こうした内容を
盛り込んだ地下鉄安全対策を発表した。同市は2012年までに総額174億ウォン(約12億5000万円)
を投じる計画だ。

まずは、10月から試験的に75人の地下鉄保安官を配置する。さらに来年には、地下鉄1−4号線
に80人、5−8号線に70人、9号線に21人と計171人を配置する計画だ。先月、11.4倍の競争率を
勝ち抜いて採用された地下鉄保安官は、2組が2交代で午前7時から終電の時刻まで巡回を行う。
チカンの発生頻度が高い通勤時間帯は私服姿で、それ以外の時間帯は制服を着用して勤務する。
月給は170万−180万ウォン(約12万−13万円)」 

「ソウル市はまた、地下鉄での犯罪を予防し、犯罪の証拠資料として活用するため、地下鉄車両内の監視カメラ設置も段階的に拡大する。ひとまず10月から、2号線の新型車両と7号線の全車両に1車両当たり2台の監視カメラを設置し、効果を検証した上で、来年下半期から1−9号線の全ての車両に導入を拡大する。13年までに計7256台を設置する計画だ。ただし、プライバシー侵害との批判を最小限に抑えるため、映像は市民または警察が要請した場合に限り、閲覧できるようにする。

仁川地下鉄では、72の車両に監視カメラ144台を設置し、09年6月から運用している。現在、地下鉄車両内の監視カメラ設置を義務化する「都市鉄道法」の改正案が、国会国土海洋委員会で審査されている。

ソウル市はこのほか、非常呼び出し電話の増設や、終電安全要員の配置、違法な販売行為の取り締まりなど、これまで進めてきた安全対策も補完する計画だ。地下鉄駅構内にある女性トイレの非常呼び出し電話を2642台、車両内の非常インターホンを7028台、エレベーターの非常呼び出し電話を1505台にそれぞれ増やす。また、地下鉄保安官に地下鉄での犯罪行為を取り締まる特別司法警察職員の権限を与えるため、関連法の改正を法務部(省に相当)に提言した。」

李衛栽(イ・ウィジェ)記者

朝鮮日報 2011/09/02
http://www.chosunonline.com/news/20110902000034

http://2chspa.com/thread/news4plus/1314932047


韓国・女性専用車両  経緯

1992年

>女性専用車両は1992年水原(スウォン)−仁川(インチョン)間の国鉄と、地下鉄1号線区間で導入されたが実効性が小さかったためひっそりと消えた。

2008年

>ソウル地下鉄5〜8号線を運営する都市鉄道公社関係者は6日「女性専用車両に対する世論調査をしたところ、意外にも女性団体たちで反対意見が優勢だった。先月まで女性専用車両を取り入れようとしていた計画を見直しすることにした」と述べた。

>都市鉄道公社によると最近10カ所の女性・市民団体を対象に女性専用車両に対する意見を聞いた結果、賛成は2団体にすぎなかった上、反対4団体、返事留保2団体、未回答2団体だった。

> 反対した女性団体は「地下鉄性的暴行予防は、キャンペーンやPRなどで訴え啓発していかなくてはならないものであり、女性専用車両で解決できる問題ではない。。

http://japanese.joins.com/article/053/97053.html?sectcode=&servcode=400

2011年7月

「ソウル市は20日、市内の地下鉄で痴漢や盗撮など女性客に対する迷惑行為への防止対策として、9月から女性専用車両を運行することについて検討していると明らかにした」

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0721&f=national_0721_051.shtml

2011年9月

女性専用車両の導入は実効性が無いとして白紙に。地下鉄保安官を置く。

韓国では女性専用車両の導入は実効性が無いと判断され白紙にされてるのだ。韓国では女性団体の反対で導入が見送られた。また女性の間でも女性専用車両の導入はチカン対策としての効果が無いと言う意見が多い。女性の意見を取り入れた結果、地下鉄保安官と監視カメラの設置ということになったようだ。

女性専用車両に関しては、韓国の対応のほうがまともである。日本の場合、チカン対策は建前にすぎず、創価学会と企業と女の利権・快適さを追及するために女性専用車両が存在する。チカン対策に取り組む気があるのなら、韓国のように真面目にやって欲しいものだ。2台だけではなく小型の監視カメラを車内に多数設置することもできる。私服より制服警官のほうが抑止力があるが、チカン常習犯を逮捕する目的もあるのだろう。


>犯罪の証拠資料として活用するため、地下鉄車両内の監視カメラ設置も段階的に拡大する

韓国では証拠が必要だということだろう。日本では被害者を詐称する女の証言だけで逮捕・拘禁・有罪。

日本の女性専用車両は公明党・創価学会が票集めと信者獲得と金儲けのために導入したものであり、チカン対策は建前にすぎない。女性専用車両と公明党創価学会の関係について、推測ではなく、事実を述べているのは前半部分。公明党創価学会婦人部が公共の交通機関を信者獲得と金儲けのために利用しているのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=WbAaKOkl1wg&feature=related

韓国ではパチンコが禁止されていることをマスコミは報道しない。韓国のチカン対策をテレビ等マスコミが報道することがあるのだろうか。(韓流は宣伝しているが)女性専用車両が利権化しているため、韓国にならってチカン対策に本腰を入れて取り組むことはないように思う。
posted by 望 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

新宿駅痴漢冤罪暴行事件・「人違いだった」と女が証言

この事件については、まとめブログもある。↓自称被害者の女が「人違いだった」と証言している。単なる人違いでは済まされない。「人違い」をした女の責任と暴行した2人の学生、人違いと知りながら書類送致した警察の責任は追及されなければならない。

http://harada1210.blogspot.com/

>昨年の12月27日の警視庁通信指令本部の証拠保全の検証において、「お腹を触られた」被害を申告した女性が、事件の翌朝前には、「(息子は)人違いだった」と証言していた事実が明らかになりました。人違いであることが判っていながら、1月29日に、息子を、「東京都迷惑防止条例の被疑者」として、書類送致した新宿署の行為は、犯罪と言わざるを得ません。

http://harada1210.exblog.jp/

>警視庁の提出した記録により、事件の翌朝4時30分には、被害女性が「(息子は)人違いだった」と証言していたことが判明する。
>「息子さんと大学生3人との間でトラブルがあり、駅員に取り囲まれ、お腹を触られたんではないかとする痴漢容疑で新宿警察署(生活安全課)で事情聴取を受けるが、大勢の人間が行き交う新宿駅で、息子さんを痴漢と認定するのは無理という判断の元、痴漢容疑は晴れたが、その後、お互いの暴行容疑で事情聴取が続き、3時から4時ころ、『学校もあるだろうし、会社もあるだろうから、帰宅するように』と言われ、大学生は帰ったが、息子さんは休ませてくれ、と言って2階のソファーで休んだ。


>「迷惑行為といっても喧嘩、痴漢など色々ある」(A助役)

喧嘩ということなら、大学生3人を無罪放免し、原田さんを書類送致するのはおかしい。事情聴取をしているのだから新宿警察署は「人違い」をした女子学生と暴行した男子学生2人の実名と住所は把握しているはずである。

公明党・創価学会が女性専用車両を導入する際に、痴漢が増えているというウソ(印象操作)を垂れ流した。この事件の場合も原田さんが痴漢をした(痴漢が増えている)という印象を与えるために、「東京都迷惑防止条例の被疑者」として、原田さんを書類送致したのではないだろうか?
posted by 望 at 16:23| Comment(10) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チカン冤罪事件

「被害者と取り締まる側の一方的な証言ばかりが通用するため、冤罪を疑われる痴漢事件は数多い。

10年4月27日朝、京王井の頭線車内で、女子高生への「痴漢」容疑で逮捕されたホストのKさん(25歳)のケースもその一つ。物証もなく目撃者もいないが、女子高生が「この人が犯人」と証言し、そのまま有罪となったのだ。

事件を担当する柏谷周希弁護士は「女性供述の不自然な変遷と、不合理な弁解がされている」と指摘する。

「女子高生は、警察の捜査段階では『犯人の右手を掴んだ』としていました。しかし、検察の取り調べでは『どちらの手かわからない』と変わりました(Kさんは手を掴まれていないと主張)。実はこの前日、繊維鑑定でKさんの右手には繊維なしという結果が出ていました。この変遷に対し、女子高生は『警察に当初から説明していたが調書を直してくれなかった』と不合理な弁解をしたのです」無実を訴え、否認を貫くKさん。
地裁判決は懲役6か月執行猶予3年。女子高生が供述を変えたことについては「合理的に説明している」とした。

控訴審は今年3月、東京高裁で第1回公判が開かれた。
このケースに限らず、痴漢事件では、メチャクチャな理由で冤罪が毎日のように生み出されている。
(引用元:SPA)」

http://news22ch.seesaa.net/article/197383207.html

繊維片がないということは物的証拠がないということ。被害者を自称する女子高生の証言に矛盾がある。元々女性専用車両は創価学会・公明党が信者獲得と票集め・金儲けのために作ったものだ。

http://www.youtube.com/watch?v=WbAaKOkl1wg&feature=related

男性専用車両を作らないと冤罪を防ぐことはできない。男女別車にすれば、チカンもチカン冤罪も防ぐことができる。何故男性専用車両を作らないのか?

化粧用車両がある女性専用車両

http://www.youtube.com/watch?v=5HPbRL6zv8Q&feature=related
posted by 望 at 08:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

婆限定サービス

「前回同様 女性&お子さま限定の食後のデザートがサービスで付きました。
今回はイチゴあるいは葡萄*のフルーツフルな甘酸っぱいゼリーでした。
ささやかなミニデザートでも女性限定サービスって嬉しいですよね。
限定&無料に弱い女性の心をよくわかっていると思います。」

http://maruko77spicygirls.blog113.fc2.com/blog-entry-495.html

意地汚い婆の心をよくわかっていると思います。(こういう意地汚いことを言ってる時点で婆だからな)しかし、同じ料金で婆にデザート、男性に何も無しなら、男性が婆のデザート代を払っていることになる。当然、男性はその場でデザートを要求するか、値引きを要求すべきです。店がそれに応じないなら、訴えましょう。示談に持ち込むのがよいでしょう。

年齢に関係なく婆は下品でどうしようもないな。高齢婦人にも上品な方はおられます。今のように禁煙車両が普及していなかったころ、禁煙車両でもないのに「喫煙してもよいですか?」と隣の席に座ってる人に訪ねてた上品な高齢貴婦人がいた。振る舞いが上品な人は婆とは言われない。学会のつくった女性専用車両でふんぞり返ってるのは婆。

メンズスイーツカフェとかもある。

http://mens-sweets.com/


>男性は本物志向が強く、素材や製法に注目したり、またスイーツの種類では、オーソドックスなスイーツを好む傾向が強い(見た目と味がリンクするような感覚のスイーツ)」のだそうな。

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/07/post_3678.html

>「メンズ」(男性用)と銘打っておきながらその実「女性向け」として開発された【江崎グリコ(2206)】の「メンズポッキー」も一例だという
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/09/post_1417.html

甘いもの=女の食べ物という偏見があると男性が甘いものを買いにくいからだと思う。食べ物の好みと性別は関係ない。


ラベル:男性差別 公明党
posted by 望 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

池田大作か電通の成田豊が危篤?

2011年3月10日山岡 俊介の記事より
「あの“マスコミ界のドン”が危篤との情報
 放送業界に強い知り合いから情報が入ったので、お伝えしておく。ただし、“マスコミ界のドン”=渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆(84)ではない。念のために、それだけは断っておく。」
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2011/03/post-25f1.html
最初ここで↓
http://www.nikaidou.com/archives/10789

またこれ↓

>池田には兄弟がいてそっちだという話が。「池田が死んだのは間違いないけど…下の名前が違うかも」という連絡が。たたいずれにしろ、真実は表に出ては来ないだろうと。
http://www.nikaidou.com/archives/11017


それとも“マスコミ界のドン”というのはこの人のことか?
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=113072&servcode=A00§code=A10

二人とも年だ。いつ大往生されてもおかしくない。

↓結局この人のことだったのか?

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110328/bbl11032820070038-n1.htm
posted by 望 at 00:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

再び池田大作死亡説流れる

ネタ元はここだけらしい。↓選挙前になると池田死亡説が流れるのも不思議だが、それだけ期待されているということだろう。金正日はわざと死亡説を流して、家臣の忠誠度を試すことがあったらしいが、池田は以前から重病だから、それも考えられない。

「とうとう、天に召されたな。これで初めて神になる第一段階の資格を得た、とでもいえばいいのかな。・・・まだ発表しないけど。でも、今どきの時代は隠し通せないのでは・・・と、空想にふけってみたり。どこの誰か特定してないぞ!といってみたり。

あっ!俺まだ八王子のテンプラ食ってないな・・・」

http://www.nikaidou.com/archives/10789

「ある婦人部の大幹部が“名誉会長の本当の病状は脳腫瘍なの。切開手術をしないで治療しているけど、今は車椅子の生活よ”と話しているのです。しかし、ガンの一種である脳腫瘍は学会の中で“仏罰”と見られており、池田先生がそうだとしたら絶対に公表できません。」

http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-d3f9.html

>「正義」――この二文字に、神奈川の同志の胸は高鳴る。日蓮大聖人が、一国に「正義」を打ち立てる闘争を繰り広げたのも神奈川。池田名誉会長が第3代会長辞任直後、烈風に向かって一人、「正義」の旗を掲げたのも神奈川だからだ。

池田は日蓮同様すでに歴史上の人物になっている模様。


>高山総区長、遠藤同婦人部長は、「師への誓いを胸に新たな『聖火炎上』を」と強調。

新たな『聖火炎上』とか。

>杉本婦人部長の後、原田会長は「今再びの決意を燃え上がらせ、創価の新時代を切り開く勝利の先駆を」と師弟共戦の友を励ました。

「今再び」とか「創価の新時代」とか池田死後を想定して言ってる。

http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/03/1194841_2463.html

>第50回=完 創価の希望の華 白蓮グループ[3月2日]
 「あ! 風船が」――。

http://www.seikyoonline.jp/president/index.html

池田特集が「完」になってる。さらに「あ! 風船が」――。意味深長な言葉。風船が空に飛んで行った→天に召されたという意味にもとれる。

これだけで池田が死んだとは断定できないが、すでに池田は一般信者の前に姿を見せることができないほど重病であることは確かだろう。

池田が死んでるか生きてるかより重要なことは、池田死後、後継者が存在するかどうかだ。後継者がいないから、聖教が池田神格化を進めるのだろう。

いずれにせよ創価学会の信者は減り続けている。信者をつなぎとめておくためと、選挙対策、金儲けのために婦人部が女性専用車両を導入して成果を宣伝していたのである。

http://www.youtube.com/watch?v=WbAaKOkl1wg&feature=related
posted by 望 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

池田大作重病・口がきけない状態

池田大作は生きていたとしても、口がきけないほどの重病であるらしい。(金正日にも認知症説があるらしい)

>創価学会の池田大作名誉会長(82)が公の場に姿を見せなくなって半年が経つ

>池田は「私は、きょうは、あえて出席いたしません」と、後継を意識しながら自らの欠席理由を説明。11月の本幹では、「何ものにも負けない、この『人間革命』の勇気の力を、私は後継の青年に譲り託します」

http://news.livedoor.com/article/detail/5147068/

「あえて出席しない」のではなく、出席できないのだろう。

>池田名誉会長は1日、東京・新宿区の創価学会第2別館で各部の代表と新年の勤行を行い

信者の務めの勤行まで一般信者のいないところで行う理由もない。

>常勝会館では原田会長を中心に厳粛に勤行

池田ではなく原田会長を中心に勤行。池田は隠れてこそこそ各部の代表しかいないところで勤行。これが本当なら不自然。池田は信者の務めの勤行もできなくなっているのだろう。

http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/01/1193941_2461.html



>壮年いわく、「池田先生はもう口がきけない状態らしい。」
>先日、テレビで創価大学を取り上げた番組が放映されたそうですが、その中で、2分足らずではあったものの、今年の4月に池田がスピーチする様子が流れたそうです
>しかし、その中で池田は言語も不明瞭で、何よりも異様だったのは、話すと下あごが左右に揺れ動いていたことだったそうです。
>それから8ヶ月が経った今、「池田大作はまったく口がきけない状態」というのは、創価でも日蓮正宗でも”定説”となってしまっています

http://myousoujishinto.seesaa.net/article/174261524.html

>池田名誉会長の6月3日の欠席理由について、入れ歯がカタカタ鳴るからという幹部もいれば、微熱があったからという幹部もいました(週刊新潮社2010年7月29日号)

「入れ歯がカタカタ鳴る」という週刊新潮の記述と「話すと下あごが左右に揺れ動いていた」という症状が一致している。
posted by 望 at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

池田大作は生きてるのか?

聖教新聞より。
>2011年「人材・躍進の年」の開幕を、世界192カ国・地域のSGIの友が祝賀。新年勤行会が1日、2日を中心に各地で行われ、日本では最大の新年の集いとなった。

 池田名誉会長は1日、東京・新宿区の創価学会第2別館で各部の代表と新年の勤行を行い、全同志の健康と幸福と勝利を深く祈念。また各地の集いにメッセージを贈り、新たな世界広宣流布の夜明けが到来した今、永遠の勝利へ、弾む命で戦おうと呼びかけた。

http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/01/1193941_2461.html

>池田名誉会長は1日、東京・新宿区の創価学会第2別館で各部の代表と新年の勤行を行い

池田が本当に勤行を行ったかどうかは、女性専用車両を作った悪名高い婦人部とか各部の代表にしかわからないようになっている。

相変わらず昔の写真しかのっていない聖教新聞。
http://www.seikyoonline.jp/news/top/1193946_2118.html

聖教新聞は全体的に池田が健在だった頃の過去の栄光、業績を振り返るといった内容が多い。それと第二代戸田城聖と池田の出会いとか、池田が戸田の正当な後継者であることを強調するような内容が多い。

推測すると、池田は生きていたとしても、すでに勤行などできない状態なのであろう。各部の代表しかいないところで、ひっそりと勤行を行ったというのが怪しい。池田が戸田の正当な後継者であることを今さら強調しているのも不自然だ。戸田の死後、池田への権力移譲がうまく行われたから、学会は分裂せずに済んだ。池田が戸田の正当な後継者であることを今さら強調しているのは、分裂を防ごうとする意図なのだが。

戸田→池田の師弟関係を強調している様子は池田教化を進めているような印象を受ける。池田を神格化すれば、後継者は誰でもよくなる。神様である池田が永遠に生き続けているのだから。ともとれる。分裂を防ぐには池田神格化を進める以外にないのだろう。
posted by 望 at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

地獄の相で死んだ戸田城聖(創価学会二代目会長)

女性専用車両を作った創価学会だが、二代目会長戸田城聖が地獄の相で死んでいったことが分かった。顔の色が真っ黒になり、口を大きく開けたまま地獄の苦しみの中で死んでいったのである。

「池田大作が三代会長に就任した翌日、原島嵩氏に
 「君は、私の弟子になるか!弟子というものは、師匠が地獄の相で死んでいったとしても、疑わずに、自分も共に地獄へついて行くというのが弟子だ!」(『前進』昭和五十二年五月号)
と語った、というのは有名な話ですが、私はこの内容に引っ掛かりました。
 というのは、池田大作が語ったのは、単に「師匠が地獄に堕ちても疑わずについて行く」という、一般論的なものではなく、「師匠が地獄の相で死んでいったとしても」という、極めて具体的な表現です。
 原島嵩氏も、この衝撃的な表現が印象に残ったからこそ、そのように記録したと思うんですが、私は、これは池田の実体験に基づく発言ではないか、と感じたわけです。
 そして、いろいろ調べていったところ、原島さんのお父さんである原島宏治氏(※故人。学会理事長・公明党初代委員長を歴任)が戸田会長の臨終の相を拝見しており、それによると、口が大きく開いてしまっていた、と……。

原島  ……。

小川  このことは関係者も固く口を閉ざしていますし、私も数年前に知って以来、途方に暮れて、口外せずにきました。しかし、大聖人は、
 ■「此の人は地獄に堕ちぬ乃至人天とはみへて候を、世間の人々或は師匠・父母等の臨終の相をかくして西方浄土往生とのみ申し候。悲しいかな、師匠は悪道に堕ちて多くの苦しのびがたければ、弟子はとゞまりゐて師の臨終をさんだん(賛嘆)し、地獄の苦を増長せしむる。譬へばつみ(罪)ふかき者を口をふさいできうもん(糾問)し、はれ物の口をあけずしてや(病)まするがごとし」 (御書一四八二)
と仰せられています。いたたまれない思いではありますが、このことをどこかで明らかにしなければ、学会初期からの宗門誹謗が、あたかも正しい信仰として罷り通ってしまい、かえって、いつまでも戸田会長の苦を増長させることになって、真の追善供養にならない、と思うのです。

原島  そのとおりですね。私もそう思います。……父がそのように述べていた、ということは知りませんでしたが、じつは、私も見ているんです。
 戸田先生の葬儀において、斎場でいよいよ最後のお別れということになり、棺の蓋が開けられた時に拝見しました。他にも私の前後に、棺の傍らでお別れの対面をした本部職員が数人いました。
 それは、大聖人様が仰せられているような成仏の相や、私の身内が亡くなった時の色白で半眼半口で柔らかな相とは、全く違う、苦悶の相でした。口が大きく開いて、色も黒くなっており――。」
 http://toyoda.tv/taidan.htm
posted by 望 at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

女性専用車両は臭い・女が臭いのは常識

女性専用車両は臭い。

>一応乗務員という立場上女性専用車両も車内の確認のために立ち入ります。

思いますが、事実臭い。

なんでかなぁ〜と思うぐらい臭い。
別に普通の車両で女の人がたくさんいる車両ではそんなに臭くないのですが、なんでしょう…化粧関係かなぁ…正直受け入れがたい臭いがするのです。

あれを嫌がる女性も実際多いです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1052015340

>雨の日の女性専用車両って臭い
香水とかの臭いじゃなくって、生理とか、おりものとかの生臭い臭いがする。
今梅雨時期だから正直女性専用車両乗るとうってなる。

http://sagisou.sakura.ne.jp/~sakuchin/chiharu/09/58.html

もともと女が香水をつけるようになったのは臭さをごまかすためだったという。女が臭いのは常識なのだ。
posted by 望 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

女性専用車両で男性排除の女を強要罪と暴行で現行犯逮捕・民主国家で女性専用車両が導入された例はない

女性専用車両で男性を排除しようとすると、刑法の強要罪が適用される。今回逮捕されたおばちゃんは、男性排除・強要罪の常習犯だったようだ。

おばちゃんは、和解書にサインしただけで許してもらえた模様。通常軽い罪ならこの程度のものだ。

http://blogs.yahoo.co.jp/ukf2860na3o2ya6/6685671.html

http://www.youtube.com/watch?v=o8BQ0sV2Hqg&sns=em

↓の法律を引用して、女性専用車両は「合法的」であり、抗議乗車の男性を罰することができるという人もいるが。

>鉄道営業法第34条では「制止ヲ肯セスシテ左ノ所為ヲ為シタル者ハ十円以下ノ科料ニ処ス」、同2号では「婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ」とされている。国交省の見解に沿えば、この法律は現行の女性専用車両制度には適用されないこととなる。また、名古屋市では「名古屋市交通局は鉄道営業法34条2号の適用を考えていない」と報告書の中で述べている

↑の法律は明治時代に作られた法律で、現在では効力がない。なぜなら現行憲法に違反するからだ。憲法は最高法規である。憲法に違反する法律には効力がないのだ。最高法規である憲法が変わっても、それに合わせてすべての法律を改正することもできないから、戦前につくられた法律で、適用すると現行憲法に違反してしまう法律は探せばまだあるだろう。鉄道会社もこんな法律よく見つけてきたなあと思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%BB%8A%E4%B8%A1

女性専用車両が導入されてる国は、イスラム、ヒンドゥー教など宗教上の理由からである。その他の国、例えば韓国では女性団体の反対にあって導入が見送られ、台湾では男性客の抗議乗車で廃止、ブラジルでも男性客の抗議乗車と女性専用車両の導入自体が憲法違反とされて定着していないそうだ。

つまり民主国家で女性専用車両が導入され定着した例はないのだ。
posted by 望 at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池田大作・最終章

池田大作氏の人生も最終章に入っているためか、池田氏の生涯を描く週刊誌も出ている。

>第1回は学会草創期。戸田城聖第2代会長が立ち上げた小口金融(つまり高利貸)の大蔵商事で池田氏が力を認められ(つまり取り立てがうまく)て、第3代会長に選ばれるまで。

 〈「当時、市井から資金を調達すると月三分(年利三六%)の利息でした。でも大蔵商事は、これは広宣流布のためだからといって、学会員から場合によっては月二分(年利二四%)で集めたんです。これを月五分(年利六〇%)から七分(年利八四%)で融資するのですから、学会員が増えれば増えるほど儲かるという仕組みになります

http://sankei.jp.msn.com/culture/books/101127/bks1011270751002-n1.htm

>戸田城聖第2代会長は金の面は自分で何とかしようとして、大蔵商事など金貸しや信用金庫などを随分とやったんです。その尻拭いと言うか、酷な言い方をすれば金貸しの手代をしていたのが池田大作です。彼も当初は好きでやっていたわけではないと思うのですよ。しかし、彼には才能があったようで、池田が"ここ金あるよ"という家には、見た目は貧乏な家でも必ず金があった、ということを古参の幹部から聞きました。逆に門構えの立派な家の前で"ここはどうだ?"なんて聞いても、池田が"ここにはない"と言えば、その通りだったそうです。(小川頼宣=創価学会本部元広報部副部長『週刊新潮』H15.12.18)

池田氏には妙な才能があった。金のないふりをしてもすぐわかるという信者に対する脅しなのか。

>ちょっと池田大作のことを調べたことがありましてね。そうしたら、かなりひどいことをやってるんですよ。池田大作は青年部にいた前、財務を担当してたんですね。そこで高利貸しをやってたんですよ。それで、苦しい商店街とかあるでしょ?そこに金を貸して、返せなくなると、即刻、土地を担保に取っちゃうんですよ(脚本家・笠原和夫『昭和の劇』太田出版/佐高信『噂の真相』H15.4)
-----------------------
取った後に、新しい職を見つけてやったり、店を開かせたりして学会に取り込んでいく。池田より1歳上で、観念だけでは生きられないという同じ戦後的人間の笠原は、それを「偉い」と思って映画化しようとしたがダメだった。(佐高信『噂の真相』H15.4)

>要するに、観念でもって今さら宗教だなんて言うやつはおらんと。金だと。食うためにやるんだと。現実主義で、金を集めるために宗教をやるんだと。じゃあ、それを誰がやるのかという時、俺がやってやると出てきたのが池田大作なんですよ。宗教家なんていうのは、みんな金貸しなんてことはやりたくないわけでしょ?それで返せなくなったら土地を取り上げるなんてことは1番汚い。要するに手が汚れる話ですよ。それを誰がやるのかという時に、俺がやってみせると。それが池田大作の今の出世の基なんですよ(脚本家・笠原和夫『昭和の劇』太田出版/佐高信『噂の真相』H15.4)

http://sudati.iinaa.net/ikeda.html#kasikin

当時の池田大作氏 

http://sudati.iinaa.net/ikeda/kasikin.html

>観念でもって今さら宗教だなんて言うやつはおらんと

観念で宗教を説いても信者をつなぎとめておくことはできない。女性専用車両を導入しておばちゃん達に現実的なご利益を提供する→おばちゃん達に学会書籍を売ったりしてお金を集める。昔からやってることは変わらないのだ。
http://www.youtube.com/watch?v=WbAaKOkl1wg&feature=related
posted by 望 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

また池田大作死亡・女性専用車両=公共の交通機関を信者獲得と金儲けのために利用する公明党創価学会

また池田大作死亡の噂が流れている。

>先週池田大作氏が本部幹部会に出席しなかったことが一部の報道機関で暴露された。池田大作死亡説なるものは過去に数回流れているが、どれも単なる憶測にすぎなかった。しかし今回の池田氏重病説は学会内部関係者からの情報の為、非常に信ぴょう性が高い。病名は明らかにされていないが、情報筋によれば、各種内臓器官が不全、前頭葉辺りの機能も完全マヒしているということだ。

http://www.c-player.com/ad27815/thread/1100095024198

>創価会館にある大作の写真撤去される

http://logsoku.com/thread/yuzuru.2ch.net/news4vip/1281860229/

とりあえず聖教新聞から

>栄光の日々|名誉会長

>第40回 反転攻勢の原点の地 徳島[11月24日]
 「今、池田先生が徳島空港に到着されました!」
 昭和56年(1981年)11月9日午後3時前

http://www.seikyoonline.jp/

http://www.seikyoonline.jp/president/index.html

池田名誉会長の過去の栄光について語る記事がオススメになっている。もうすでに未来は無いということでしょう。

池田SGI会長夫妻にまた名誉博士号。受け取ったのはSGI副会長(池田博正=後継者か?)

http://www.seikyoonline.jp/news/top/1193533_2118.html

女性専用車両と公明党創価学会の関係について、推測ではなく、事実を述べているのは前半部分。公明党創価学会婦人部が公共の交通機関を信者獲得と金儲けのために利用しているのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=WbAaKOkl1wg&feature=related
posted by 望 at 17:06| Comment(9) | TrackBack(1) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか? 第一弾

【ニコニコ動画生放送】【残されたボイスレコーダーは何を語るか?第一弾】第二弾は8月25日24時に放送された。

http://harada1210.exblog.jp/


痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?1

http://www.youtube.com/watch?v=OmQMj_oqtmU

痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?2

http://www.youtube.com/watch?v=oi--W6FjWLQ&feature=related

痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?3

http://www.youtube.com/watch?v=PBUefZ_Mzl8&feature=related

痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?4
http://www.youtube.com/watch?v=3vFVvRy_BXM&feature=related
痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?5
http://www.youtube.com/watch?v=ZstLN7MiV-0&feature=related
痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?6
http://www.youtube.com/watch?v=HQF0_wcCy74&feature=related

痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?7
http://www.youtube.com/watch?v=44q0LqZIwGE&feature=related
痴漢と呼ばれ自殺〜残されたボイスレコーダーは何を語っているか?8
http://www.youtube.com/watch?v=SCtjTOjvp-8&feature=related

マスコミ報道

http://www.youtube.com/watch?v=IFrxTm09Mn8&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=TIIGvoChHGE&feature=related
posted by 望 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性専用車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。